海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子の伝記 内容は「修正していない」と著者が断言 一部報道や噂を完全否定

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】

ウイリアム王子のイメージダウンにつながる記述を「修正した」との噂が駆けめぐる

 8月11日に全世界同時発売予定のメーガン妃とヘンリー王子の伝記「Finding Freedom(自由を探して)」の著者はSNSを通じて、内容を修正していないと明らかにした。ウイリアム王子がメーガン妃の王室内での孤立を助長したという内容があると英大衆紙「ザ・サン」が報じたことを受け、「懸念された箇所を修正した」という一部報道や噂が流れたが、著者は完全否定している。英紙が報じている。いずれにせよ、ウイリアム王子とヘンリー王子については「関係崩壊」が記された暴露本が10月に発刊予定といい、仲良し兄弟として育った2人をめぐって周囲は騒がしさを増している。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、「Finding Freedom」の著者オミッド・スコビー氏が自身のツイッターで「校了は(ザ・サンの)報道前に行われた。修正したというのは完全な嘘」とコメントし、“噂”を強く打ち消した。

「サン」紙の報道によると、ヘンリー王子夫妻の伝記には、実の兄で将来の英国王となるウイリアム王子のイメージダウンにつながるような記述も含まれており、王室の側近筋が警戒心をあらわにしているという。そこで、ウイリアム王子を非難するような箇所を修正したと噂されたのだが、著者のスコビー氏がこれを完全否定した。

 無論、圧力に負けて内容を一部修正したとなれば、売れ行きにも陰りが出るだろう。しかし、ダイアナ元妃の血をこの世に受け継ぐ、たった1人の兄であるウイリアム王子との関係を悪くするような話を記すことが、本当に不可欠なことなのだろうか。

 しかも、“王室引退”して「被害者意識」が強いとされる2人の伝記。スコビー氏は「本当にわずかの人しか知らないハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガン(妃)の素顔を描いた」としているが、英王室の存続に影響するような新たな火種にならなければいいと心配するロイヤルファンは少なくないに違いない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)