海外ニュース

カミラ夫人 今や敬愛される存在に? 73歳の誕生日を記念して公開された写真に世界から祝福の声

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

カミラ夫人【写真:AP】
カミラ夫人【写真:AP】

かつては「最も英国で嫌われた女性」と評されていた 英紙報じる

 カミラ夫人は7月17日、73歳の誕生日を迎えた。これを記念して、公式SNSにブルーのドレスを着たさわやかな笑顔の夫人の公式写真が公開されると、すぐに2万件を超える「いいね」が寄せられるなど祝福コメントが殺到した。チャールズ皇太子とダイアナ元妃との結婚生活を破滅に追い込んだとして「最も英国で嫌われた女性」と評されたこともあったカミラ夫人。しかし、皇太子を献身的に支える姿勢や新型コロナ禍に王室の義務を真摯に果たしてきたことなどが評価され、最近は敬愛される存在になっているようだ。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、当初は多くの王室ファンがカミラ夫人を懐疑的に見ていた。しかし、夫人は王室の義務を果たし、英国のみならず世界の人々の心を掴むために努力してきたという。そして73歳の誕生日を迎え、公式インスタグラムに写真が公開されるとすぐに多数の「いいね」を集め、世界中の王室ファンから温かく愛情がこもった言葉が多く寄せられたことも、驚くことではないと伝えている。

 注目を集めた写真は公邸クラレンスハウスの庭園で撮影された。カミラ夫人は鮮やかなブルードレスを着て、庭園の木々に囲まれながらカメラに向かって気取らない笑みを浮かべている。公式インスタグラムには公開後10時間で2万5000件もの「いいね」が集まった。同じ写真は公式ツイッターにも投稿されていて、ファンは次々と祝福コメントを投稿している。

 ある熱心なファンはこう記している。「親愛なるカミラへ。とても幸せな誕生日になることを願っています。あなたの素晴らしい働きを愛しています。どうかあなたの1日(誕生日)を満喫してください。そして皆のための良い働きを続けてください!」

 米国在住のファンは次のように綴っている。「最も素晴らしいロイヤルファミリーの一員へ、お誕生日おめでとうございます! 彼女(カミラ夫人)を知ることができて光栄に思います。また彼女が素晴らしく特別な1日を過ごすことを願います。私は彼女を祝してこれからアフタヌーンティーをいただきます! 米国ノースカロライナからハグを」

 ロックダウン緩和後も精力的に公務に励むカミラ夫人。かつてチャールズ皇太子とダイアナ元妃の挙式では、参列した夫人が皇太子と密かに見つめ合っていた瞬間も取り上げられるなど2人の結婚生活を破綻させた張本人として「最も英国で嫌われた女性」と言われていた。しかし今や、ロイヤルファミリーに欠かせない存在となっているようだ。

(Hint-Pot編集部)