動物・レジャー

焼きそばくわえた元保護ねこ カップ麺を“泥棒”する姿が海外からも大反響 「ペニャング」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

飼い主さんはおはなの周りに惹かれたという「さんて」くんのキュートな顔【写真提供:さにたすさんてちくわ丸の人(@tikuwamaru0728)さん】
飼い主さんはおはなの周りに惹かれたという「さんて」くんのキュートな顔【写真提供:さにたすさんてちくわ丸の人(@tikuwamaru0728)さん】

湯切り穴が増えちゃった!? “犯行の瞬間”をとらえられた「さんて」くん

 ねこと言えば「お魚」をくわえるイメージですが、さにたすさんてちくわ丸の人(@tikuwamaru0728)さんの愛猫「さんて」くんがくわえているのは、大きなカップ焼きそば! 器用に棚から取り出し、逃走する姿は海外からも注目を集めています。飼い主さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 3歳の男の子「さんて」くんは、元野良ねこ。生後半年頃に保護され、里親募集されていたところを、現在の飼い主さんがお迎えしました。

 さんてくんの名前は、フランス語で「健康」という意味。ラテン語の「健康」の意味を持つ、先住のハリネズミ「さにたす」ちゃんの名前とお揃いです。

 性格はとても甘えん坊。普段は臆病なのだそうですが、この日は大胆な“犯行”に及びます。キッチンにある食材をストックする棚に顔を突っ込み、ゴソゴソと物色するさんてくん。“お目当て”のものを発見すると器用にくわえて、棚から引きずり出しました。

 涼しい顔で去っていくさんてくんの口にくわえられているのは、顔よりもはるかに大きなカップ焼きそば。鮮やかな手口に「湯切り穴が4つほど増えたのですね」「犯行が大胆すぎて逆に清々しい」「ペニャング」など、多くの驚きの声が上がりました。また、海外の人たちからもコメントが多数寄せられています。

 普段は人間の食べ物に一切興味がないため、「カサカサと、音がするのが面白かったんだと思います」と飼い主さん。さんてくんはその後リビングへとカップ焼きそばを運んでいきましたが、飼い主さんが回収しにいった頃には、すでに飽きて放置されていたそうです。

(Hint-Pot編集部)