動物・レジャー

人間のような動きのねこに飼い主も困惑 両前足を器用に使う“ふんわりキャッチ”に驚きの声 「お上品」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

神業を見せた「きなこ」ちゃん【写真提供:静(@kazusi0207)さん】
神業を見せた「きなこ」ちゃん【写真提供:静(@kazusi0207)さん】

おっちょこちょいで甘えん坊な「きなこ」ちゃん

「そんなふんわりした狩りの仕方ありなん?」と飼い主さんもびっくり! 思わず本当にねこなのか疑ってしまうほど、小さな虫をソフトに捕まえるねこの様子が話題になっています。飼い主の静(@kazusi0207)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 唐草模様の首輪がお似合いな、4歳の女の子「きなこ」ちゃん。静さんが知人から譲り受け、大切に育ててきました。静さんの姿が見えなくなると落ち着かず、トイレもお風呂も付いてくる甘えん坊なのだそう。

 普段は、歩けば机の上の物を落とし、キャットタワーから落っこちる。そんなおっちょこちょいな一面があるきなこちゃんですが、この日は神経がとぎ澄まされ、驚きの狩猟方法を見せます。

 きなこちゃんの頭上には、白壁に張り付く小さなハエトリグモ。じーっと見つめていたと思った次の瞬間、きなこちゃんは立ち上がり、両前足でクモを……ふんわりとキャッチ! ちょっぴり“イカ耳”になりながら、足を合わせたまま元の体勢へと戻ります。

 この神業に対し「捕まえて、自分でも戸惑ってるw」「無闇に殺生せず」「お上品な猫ちゃんですね!」など、驚きの声が多数寄せられました。

 また、クモの安否を気にする人もいましたが「安心してください」と静さん。このハエトリグモは2年ほど静さんの家の中で暮らしており、たまに姿を現すときなこちゃんと遊んでくれていたそう。今回初めてキャッチされ、クモも驚いたのかきなこちゃんが両前足を開くと、一目散に逃げていったようです。

 そんなきなこちゃんとの暮らしを楽しむ静さんは、ボーカロイド初音ミクの姉とも言える、世界初の日本語音声合成ミュージックソフト「MEIKO」が大好き。発売15周年を記念した等身大フィギュアが、延期中の「マジカルミライ2020 in大阪」で飾られるのが、最近の一番の楽しみだそうです。

(Hint-Pot編集部)