海外ニュース

キャサリン妃は「いつもファビュラス」 秋のベストファッション3選

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:AP】
キャサリン妃【写真:AP】

カジュアルもフォーマルも完璧コーディネート

 ファッションアイコンとして、絶大な支持を集めるキャサリン妃。ベーシックだが、フェミニンにもクールにも変幻自在なスタイルのコーディネートは常に注目を集める。米雑誌「ピープル」は、妃の秋のファッションを特集。キャサリン妃の秋のファッションについて「カジュアルからフォーマルまでさまざまだが、いつもファビュラス(素敵)」と説明。その中からHint-Potでは3スタイルをフィーチャーした。

 ◇ ◇ ◇

ファビュラスなキャサリン妃の秋ファッション3スタイル【写真:Getty Images】
ファビュラスなキャサリン妃の秋ファッション3スタイル【写真:Getty Images】

 左は2019年11月に、「スマイス」の512ポンド(約7万4000円)のグレーのチェックジャケットに「ジョセフ」の225ポンド(約3万2000円)のバーガンディー色のボトムスを合わせた、大人シックなパンツスタイル。

 パンプスは「ジャンヴィト ロッシ」の520ポンド(約7万5000円)の黒いハイヒールを選び、女性らしさが加わったオフィスにもぴったりのコーディネートだ。


 真ん中は、2016年10月に世界メンタルヘルスデーを祝うイベントに出席した際の1枚。艶やかなピンク色の花柄ロングスリーブドレスをチョイスしている。

 花柄は、キャサリン妃の定番。最近の公務でも頻繁に着用している。春や夏のイメージが強い花柄だが、ローズ柄を選ぶことで秋らしい装いに。

 右は、ルイ王子を妊娠していた時のマタニティドレススタイル。ピーチカラーで優し気な印象だ。

 胸下切り替えのデザインを選ぶことで、お腹が目立たたず、スタイル良く着こなした。小物はドレスに合わせて、黒の小物で統一して、甘すぎない大人の引き算コーデに。
 

(Hint-Pot編集部)