海外ニュース

メーガン妃「世間の評価は気にしない」 イベントでの発言に非難の声 “批判には我慢できない人間”

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

米誌「フォーチュン」主催のイベントにリモート出演

 メーガン妃は先日、米雑誌「フォーチュン」主催のイベント「Most Powerful Women Summit」にリモート出演。妃は「世間の評価は気にしない」などと主張し、さらに自身の発言がメディアによって「歪曲されている」とも語った。しかし、これらの発言が英国で議論の対象になり、英紙には非難の声が寄せられている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」が掲載したメーガン妃の記事に対して、読者コメントが殺到している。記事によると、メーガン妃は米誌主催のイベントにリモート出演した際、20世紀の米国を代表する女性画家ジョージア・オキーフ氏の言葉を借りて「世間の評価は気にしない」と言い放った。

 しかし、この発言に対して最も高い評価を集めた読者コメントは、「いや、メーガン(妃)は気にしている。だからいつも(自分に対する批判的な記事が出ると)声明を出す。彼女は自分のことが書かれた記事はすべて読んでいるはず。批判には我慢ができないのだ」というものだった。

 また、人権向上を目的に開かれたセミナーへの参加について、「Most Powerful Women Summit。文字通り、メーガン(妃)がこうして放送される時間を与えられる唯一の理由は、彼女の結婚相手によるものだ。人道上の諸問題について、突如として貴重な意見を言えるほど、彼女が一体何をしたというのか?」という意見も高い支持を集めた。

 さらに「メーガン(妃)が、また“いじめ”について語っている。彼女はいつになったらその話を自身のファンにするのか? 彼女のファンは、メーガンを崇拝しない人を(SNSなどで)攻撃する“荒らし”として知られている」という指摘も届いている。

 今回のメーガン妃の主張に対して、反感を抱いている人は少なくないようだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)