料理・グルメ

無限にジャガイモが食べられる!? 脱マンネリ魚介系ソース2選

著者:和栗 恵

タグ: , ,

旬を迎えた、ホクホクおいしいジャガイモ(写真はイメージ)【写真:写真AC】
旬を迎えた、ホクホクおいしいジャガイモ(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ジャガイモは品種によって春と秋、2回の収穫時期があります。春のジャガイモは「新じゃが」とも呼ばれ、完熟前に収穫した、皮が薄くみずみずしいものがよく出回ります。一方、秋のジャガイモは皮が厚く、実がしっかりと太り、甘味が強い品種が多いようです。あれこれと加工しなくてもおいしくいただけるのが、秋のジャガイモの魅力。そんな“秋じゃが”ですが、実は魚介類とも好相性。無限に食べられる!? ジャガイモに添えるだけ・かけるだけでおいしくなる、簡単かつ日持ちするソースのレシピをお届けします。

 ◇ ◇ ◇

塩辛のコクが抜群! 野菜炒めなどにもアレンジ可能な濃厚ソース

ジャガイモが何個あっても足りない!? ふかしたポテトと塩辛バターソース【写真:和栗恵】
ジャガイモが何個あっても足りない!? ふかしたポテトと塩辛バターソース【写真:和栗恵】

 茹でたて・ふかしたてのジャガイモにたっぷりとかけていただくと、とにかくおいしい! ついついお酒が進む一品です。焼き立てのバゲットやクラッカーに載せてもOK。また、キャベツを炒める時に絡めてもおいしく、アレンジの利くソースですよ。余ったら煮沸消毒した瓶に保存し、なるべく早めに使い切ってください。

 
○イカ塩辛バターソース

【材料】(作りやすい分量)
イカの塩辛 200g
バター   200g
料理酒   50ml
黒コショウ 大さじ1
マヨネーズ 大さじ5(お好みで増やしてください)
しょうゆ  大さじ2
塩     少々(お好みで量を調節してください)

【作り方】
1、バターを冷蔵庫から出し、室温に戻しておく。料理酒は小さな鍋に入れ、沸騰させてアルコール分を飛ばす。煮切った後は、冷ましておく
2、塩辛と煮切った料理酒をフードプロセッサーにかける(塩辛を包丁でたたき、ヘラなどを使って混ぜていってもOK)
3、2にマヨネーズ、しょうゆ、塩を加えてかくはんする
4、やわらかくなったバターを半量加え、さらにフードプロセッサーで混ぜる。よく混ざったら残りのバターを加え、完全に混ざるまでかくはんする
5、4をボウルに取り出し、黒コショウを振る。ヘラなどを使って、空気を含ませるようによく混ぜて完成

 
 塩辛の塩味に合わせて、しょうゆや塩の量は調整してください。5の工程を行うことで舌触りが格段に良くなるので、この工程だけはフードプロセッサーは使わず、必ず手作業で行ってください。

 

トースターでローストしたジャガイモにアンチョビソースをトッピング【写真:和栗恵】
トースターでローストしたジャガイモにアンチョビソースをトッピング【写真:和栗恵】

 アンチョビの塩味がジャガイモの甘みとマッチして、ビールのおつまみに最高の一品に。ポテトフライも良いですが、ジャガイモをよく洗って皮ごとくし切りにし、トースターでローストするのもおすすめ。材料がシンプルなのもうれしいところ。

 
○アンチョビソース

【材料】(1食分)
アンチョビオイル漬け フィレ3枚
塩     2つまみ
黒コショウ 少々
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2

【作り方】
1、アンチョビのフィレをまな板の上に並べ、包丁で細かくなめらかになるまでよく叩く
2、1をボウルに入れ、オリーブオイル、塩、コショウを加える
3、小さい泡立て器、またはスプーンを使い、よく混ぜ合わせれば出来上がり

 
 グラタン皿に洗って薄切りにしたジャガイモを並べ、その上にこのソースを回しかけ、オーブンやトースターで焼いてもおいしくなります。

 これから旬を迎える“秋じゃが”。シンプルな料理で、その旨みを存分に楽しんでみてください。

(和栗 恵)