暮らし

府中の神様・みよこ先生のプチ風水&お掃除術~玄関編その2 置くとたちまち運気ダウンのNGアイテムとは?

著者:みよこ先生

タグ: ,

連載第2回は「玄関のインテリア」について解説(写真はイメージ)【写真:写真AC】
連載第2回は「玄関のインテリア」について解説(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 日々の暮らしに取り入れるだけで、毎日がハッピーに♪ そんなオリジナル風水で人気のみよこ先生は、「府中の神様」や「フューチャーリーダー」などと呼ばれ、雑誌の連載や全国各地のセミナーで大活躍中です。そこでこの度「Hint-Pot」でも、みよこ先生の新連載がスタート! 毎日をハッピーに導くお掃除のコツや、気軽に実践できるプチ風水をご紹介します。第2回のテーマは「玄関」の後編。玄関のインテリアについてです。

 ◇ ◇ ◇

おすすめは観葉植物 葉の揺れるタイプを選んで!

パキラの鉢植え【写真:写真AC】
パキラの鉢植え【写真:写真AC】

 玄関に置くと運気アップを助けてくれるアイテムはいろいろありますが、私のおすすめは何といっても観葉植物。特にパキラなど葉っぱがひらひらと揺れるタイプがいいの。というのは、扉が開いたり人が通ったりする度に風で葉が揺れるので、周囲の気が動きやすくなるから。

 また、玄関にはさまざまな気が出入りしており、特に金運や仕事運と大きく関わっています。もし金運を上げたいなら観葉植物の幹や枝に、オレンジと黄色のリボンを2本取りにして結ぶといいですよ。黄色やオレンジは、金運アップを司る色。葉が揺れる度に、その金運パワーを玄関中に回してくれます。

 ちなみにリボンは、植物の大きさにもよりますが、何か所かに付けるとより効果が上がると思います。

入り込んだ邪気をはらってくれる鈴ととがった葉っぱ

秋は紅葉で邪気払い【写真:写真AC】
秋は紅葉で邪気払い【写真:写真AC】

 玄関からは、いい気だけではなく、悪い気も入ってこようとします。良くない気のことを邪気と言いますが、邪気をはらうには盛り塩以外にも、有効なものが2つあるんです。

 1つは、鈴。美しい音色は邪気を避ける力を持っています。神様の色とされている紫のリボンなどでぶら下げると、よりいいと思いますよ。

 2つめはとがった葉を持つ葉っぱ。私がよくお伝えする“みよこ流プチ風水”の1つに、「靴箱にモミジの葉を入れましょう」があります。珍しいでしょ?(笑)

 人は歩いている間に、他人が地面に落とした良くない念などを踏んでしまうことがあります。すると、靴が邪気をまとってしまうの。その邪気を、とがった葉が切ってくれます。

 秋ならモミジ、冬であればヒイラギの葉もいいですね。ヒイラギの葉は、節分で玄関先に飾るなど、魔除けの効果を持つ植物。例えば「嫌な雰囲気の場所を通った」「嫌なことがあった」なんて日があったら、ぜひ試してみてください。

置くとたちまち運気ダウンのNGアイテムは家族写真

玄関に家族写真はNG(写真はイメージです)【写真:写真AC】
玄関に家族写真はNG(写真はイメージです)【写真:写真AC】

 玄関に家族写真を置く人がいますが、これは避けてください。良くない気が入って来た時、写真に写っている人物に悪影響を及ぼします。また、よく知らない来訪者に家族構成を知られるのは、防犯上も良くありませんから。

 置くなら風景やお花の写真を。もしくは、犬や白いヘビ、カエル、龍など、動物の写真にしましょう。ここで私が挙げた動物たちは、神様と関係が深く、その使者として神社などで祀られていることも多い動物です。神社へ行くと狛犬がいたり、白ヘビは弁財天のお使いとされていたりしますよね。玄関は神社の鳥居と同じです。そこをパワーのある動物に守ってもらおう、というわけです。

 そういえば、沖縄にはシーサーの置き物がありますよね。もし、そういった動物の置き物がある方は、それを飾ってもいいと思います。きっと、強いパワーであなたの家と運気を守ってくれますよ。

(みよこ先生)