海外ニュース

メーガン妃 「自分を世界一の有名人にして」 PRチームに下した衝撃の指令を王室作家が暴露

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

“王室引退”後も米動画配信大手「ネットフリックス」との100億円超とされる巨額契約や、米大統領選への投票を促す“政治的発言”など、常に話題を振りまいているメーガン妃。そんな妃はかつて、自身のPRチームに「世界一の有名人にして」という指令を下したことがあったという。「レディ」の称号を持つ王室作家がラジオ番組に語った内容を、英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

物議を醸す行動の数々は“計算”との見方も

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、メーガン妃とヘンリー王子の暴露本「Meghan And Harry:The Real Story(メーガンとハリー:真実の物語)」などの著者として知られる王室作家レディ・コリン・キャンベル氏はこのほど、英公共放送「BBC」のラジオ番組に出演。

 王室関係者と独自の強いコネクションを持つキャンベル氏は「昨年からメーガン妃の動きをキャッチしていた」といい、その動きの多くはロイヤルファミリーには許されない商業的もしくは政治的活動であるという。

 妃はさらに自らのPRチームに指令を与えていた。それは、「自分を世界一の有名人にするように」というもの。

 この壮大な指令について、キャンベル氏は「世界一有名になるには途方もない物議を醸す必要がある」と指摘。そうでなければ「有名になどなれない」と見解を示している。

“王室引退”したとはいえ、「サセックス公爵」「サセックス公爵夫人」の称号を保持するヘンリー王子夫妻。ロイヤルファミリーには原則的に許されていない政治的な言を続けているのも、“話題作りのため計算された行為”とキャンベル氏は見なしている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)