海外ニュース

ヘンリー王子 トランプ氏と英有名司会者の“笑い者”に 大統領の「幸運を祈っている」発言の後日談が話題

著者:森 昌利

タグ: , ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 ドナルド・トランプ米大統領が9月にヘンリー王子夫妻について言及。王子に対して「幸運を祈っている」などと語ってメディアの注目を集めたが、これには後日談があった。夫妻に対して厳しい発言をすることで知られる英有名司会者のピアーズ・モーガン氏が大統領側にこの件でメールを送ったところ、側近からトランプ氏が「大笑いした」という返信があったという。英紙が伝えている。トランプ氏が昨年6月に訪英した際にロイヤルファミリーと対面したが、王子の「冷たい視線」が話題になった。お互いに相容れない間柄のようだ。

 ◇ ◇ ◇

ピアーズ・モーガン氏 大統領の側近にメールしたことを明かす

 トランプ大統領は現地時間9月23日に行われた定例会見で、ヘンリー王子夫妻について問われた。トランプ氏はメーガン妃に関して「彼女も承知していると思うが、私は彼女の大ファンというわけではない」と語った後、ヘンリー王子にも言及。「幸運を祈っている。彼にはまさにそれ(幸運)が必要だからね」と述べて話題になった。

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、モーガン氏はラジオ番組でトランプ氏側にメールを送ったことを明かした。内容は「ヘンリー王子に“幸運が必要だ”という発言には大笑いしました。最高のジョークでした」というもの。2人は親交があるという。

 常にヘンリー王子夫妻に厳しい視線を注ぐモーガン氏。トランプ氏の発言の裏に「メーガン妃が“王室引退”の最大の要因」という皮肉を読み取ったのだろう。持論と一致したこともあったのか、トランプ氏の発言に賛同して上記の内容のメールを送ったようだ。

 すると、トランプ氏の側近からモーガン氏に返信が届いた。「あなたのメールを読んでトランプ大統領が大笑いしました」という内容だったそうだ。

“王室引退”後のヘンリー王子の境遇をネタに、トランプ氏とモーガン氏がともに大笑い。王位継承権6位を保持するものの、その権威は“だだ下がり”のようだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)