動物・レジャー

想像を超えたバク“チュ~”ハムスターが海外からも大反響 「すごすぎて笑った」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ジャンガリアンハムスターのあるちゃん。驚異の特技が話題に【画像提供:てて(@tetelabme)さん】
ジャンガリアンハムスターのあるちゃん。驚異の特技が話題に【画像提供:てて(@tetelabme)さん】

 気付けば子(ネズミ)年も残りわずかですね。年末にふさわしい!? 大技で“チュ~”目を集めた、驚きの身体能力を持つハムスターをご紹介します。ハムスターやデグー、アフリカヤマネとのほのぼの生活を発信するチャンネル「ててらぼペット部」を運営する、げっ歯類大好き系YouTuberてて(@tetelabme)さんに話をお聞きしました。

 ◇ ◇ ◇

かじり木があると回ってしまう! あるちゃんの驚異の身体能力

 驚異の特技を持つジャンガリアンハムスターの「ある」ちゃん。かわいらしい名前は、お迎えした帰り道ですぐに決まったそう。2文字の名前にこだわりがあったててさんは、どんな名前にしようか「JR」の電車の中で考えをめぐらせていたところ、ピンと来たのが「あーる」だったのだとか。そこから現在の名前になりました。

 大切に育てられ、元気いっぱいに成長したあるちゃんは、遊ぶのが大好き。回し車をしてみたり、トイレットペーパーの芯の中を探検してみたり、いつも忙しく動き続けています。そんなあるちゃんのお気に入りおもちゃの1つが、かじり木。ハムスターは歯が一生伸び続けるため、歯の長さの調整やストレス解消のために与えるものです。

 しかし、あるちゃんのかじり木の使い方はちょっぴり独特。自分の体の倍以上の長さがあるであろうかじり木を“両手”で抱え込んだと思ったら、突然の大ジャーンプッ! かじり木を掴んだままクルッと1回転、見事なバク宙を決めてしまうのです。

 ててさんによると、こうしてバク宙をするのは、かじり木を与えた時限定。ケージの中にかじり木があれば、1日に1回以上は確実に跳んでいるそう。また多い時には10分程度で、5回も回っていることもあるようです。

 華麗なるバク宙は大きな反響を呼び、17万件以上の“いいね”が。また、「すごすぎて笑ってしまいました」「想像を超えていて声も出なかったです!!」「これはポップコーン顔負けの弾けっぷりのようでw」など、国内外から多くのコメントが寄せられました。

 どうしたらこうした大技ができるようになるかは分かりませんが、のびのびと楽しく暮らせるよう、ててさんが手塩にかけてお世話している賜物なのかもしれません。ててさんにハムスターを飼う上での注意点をお聞きしたところ、「動物の心情を考えてあげることが非常に大切」との回答をいただきました。

「『今は遊びたくないんだろうな』と感じ取れれば無理に触らない。『走りたそうだな』と思ったら、“部屋んぽ”をさせてあげるなど、動物のことを思って飼育すれば嫌われるようなことは絶対にないと思います」

 YouTubeやファンサイト「ねずみのお食事処」などでも、小動物との暮らしや飼育について発信しているててさん。これからも驚きの生態を見ることができるかもしれません。

(Hint-Pot編集部)