海外ニュース

ヘンリー王子は「タクシーのようにプライベートジェットを使うな」 英有名司会者が環境保全メッセージを痛烈批判

著者:森 昌利

タグ: , ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 ヘンリー王子は先日、環境問題を専門に扱う新たな動画配信サービス「ウォーター・ベア」のインタビューに登場。気候変動などの環境問題について熱弁をふるったが、批判の声も上がっている。英有名司会者のピアーズ・モーガン氏は「自分の言っていることを実践してもらいたい」などと辛辣な言葉を浴びせた。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

夫妻は昨年、プライベートジェットを多用したとして批判を浴びた

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」や「ザ・サン」などによると、モーガン氏は現地時間2日、自身が司会を務める英国の朝の情報番組「グッド・モーニング・ブリテン」でヘンリー王子の発言を批判した。コメント動画での王子が、乾いた地表を潤すために「我々が『雨粒』になったと想像してほしい」と世界に対して訴えたことに噛み付いたのだ。

 モーガン氏はまず、王子が暮らす米カリフォルニア州の豪邸には16のバスタブがあるとして、「毎日それらを使用した場合は大量の水を使用する」と指摘。さらに、王子の発言が「タクシーのようにプライベートジェットを使わない人のものなら、もっとうまく伝わるだろう」と述べ、「自分の言っていることを実践してもらいたい。プライベートジェットを使うな」と断じた。

 ヘンリー王子とメーガン妃は王室主要メンバーだった昨年夏、長男アーチーくんを伴った家族旅行でプライベートジェットを多用したとして激しいバッシングを浴びた。また、今年3月末にはカナダ・バンクーバー島から米ロサンゼルスに移動する際に、俳優兼プロデューサーのタイラー・ペリーが所有するプライベートジェットを4回も大移動させたと伝えられている。

 番組ではもう1人の司会者スザンナ・レイド氏が「ハリー(ヘンリー王子の愛称)のメッセージは、雨粒のような小さなことでも、一人ひとりができることをやろうということ。いい言葉だと思いますが」などと、終始モーガン氏をいさめていた。

 しかし、モーガン氏の勢いは止まらず「もし彼(王子)のやりたいことが、環境について私たちに説教するために長い時間を費やすことだけなら、私は彼にプライベートジェットの使用をやめさせたい」とも。「(私たちに)説教していることを(ヘンリー王子自身が)実践してください。あなた(王子)がもし、民間の航空便を使えればですが」と強い口調で痛烈な批判を展開した。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)