海外ニュース

メーガン妃が“英王室トップの人気者”に! 英ECサイトの全世界対象調査で僅差の1位 2位以下の顔ぶれは?

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 王室を“引退”している今、メーガン妃をロイヤルファミリーの1人と数えることには議論の余地があるだろう。だが、とあるアンケート調査の結果、メーガン妃がキャサリン妃やエリザベス女王を抑えて英王室一の人気者だと分かり、話題になっている。英紙が報じている。

 ◇ ◇ ◇

英ショッピングサイトが全世界の利用者を対象に調査

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、メーガン妃を英王室一の人気者に輝かせたアンケートを実施したのは、英国のショッピングサイト「OnBuy(オン・バイ)」。全世界の同サイト利用者を対象にアンケートを行った。

 同紙によると、1位のメーガン妃は14.5%の支持率を得たという。2位は14.4%のキャサリン妃、3位は14.3%のエリザベス女王が続き、4位は14.2%のヘンリー王子だった。支持率は明かされていないものの、ウイリアム王子は “引退”した弟よりも下位の5位だったそうだ。

 ちなみに、アンケートが実施されたのは、ヘンリー王子夫妻が設立予定の新財団「アーチウェル」の活動の一環として、独自の賞制定プランを進めていることが明らかになった後だという。

 また最近ではメーガン妃が7月に流産していたことを米紙「ニューヨーク・タイムズ」へのコラム寄稿を通じて発表。同様の苦しみを持つ女性や家族を励ましていた。王室メンバーとしての公務こそしていないメーガン妃だが、そうした動きが支持率獲得につながったのだろうか。

 なお、10月に英企業が行った王室主要メンバーの好感度調査では、メーガン妃の支持率はマイナス26%の8位という悲惨な結果に。昨年10月時点の55%から81%も下落する衝撃的な数字だった。メーガン妃の“本当の支持率”は果たして……。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)