海外ニュース

シャーロット王女は「あっかんべー」 ルイ王子はサングラス姿 ロイヤルキッズのお茶目な瞬間

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , , , , ,

ウイリアム王子夫妻の子どもたちにもお茶目な瞬間が【写真:AP】
ウイリアム王子夫妻の子どもたちにもお茶目な瞬間が【写真:AP】

 王室の子どもたちはいつもお行儀がいいと思われるかもしれない。でも、時にお茶目な一面を見せ、その子どもらしい仕草がファンの心を掴むことも。舌を出したり、おもちゃの銃に夢中になったり。ロイヤルキッズのかわいらしい一瞬を振り返ってみよう。

 ◇ ◇ ◇

ウイリアム王子は弟の洗礼式で“ワンマンショー”

 英雑誌「ハロー」によると、1984年12月にウィンザー城で行われたヘンリー王子の洗礼式で、主役の座を奪ったのが当時2歳のウイリアム王子だった。センターステージでまるで“ワンマンショー”のようだったという。エリザベス女王やヘンリー王子を抱くダイアナ元妃ら誰もが笑いながら、若き王子のお茶目な行動を見つめていた。

 やんちゃぶりならヘンリー王子も負けてはいない。1988年6月、3歳の王子はエリザベス女王の公式誕生日を祝う恒例行事「トゥルーピング・ザ・カラー」でバッキンガム宮殿のバルコニーから舌を突き出した。抱っこしている母ダイアナ元妃の驚いた表情もファンにはたまらない。

 ウイリアム王子の長男ジョージ王子が“いたずらっ子モード”になったのは2018年6月、父ウイリアム王子が参加したポロの慈善試合を観戦した時だった。当時4歳の王子はおもちゃの銃を手に持って狙いを定めており、隣に座る母キャサリン妃の柔らかな表情も印象的だった。

 2019年8月には、当時4歳の長女シャーロット王女が“大胆行動”に出た。家族でチャリティのヨットのレースを観戦した際、母キャサリン妃に手を引かれて会場から立ち去る瞬間、「あっかんべー」と舌を出した。そのかわいらしい表情は大きな話題になった。

 末っ子のルイ王子がやんちゃぶりを発揮したのは2019年7月、ウイリアム王子のポロの慈善試合を家族で観戦した時のこと。当時1歳の王子は、キャサリン妃のサングラスを着けて舌を出した。「ハロー」誌は「最高にキュートに見えた。これから多くのやんちゃな瞬間が期待できそうだ」としている。

 ヘンリー王子とメーガン妃の長男アーチーくんは2019年5月に誕生。同年9月の南アフリカへのロイヤルツアーで早速、目の前にあるケーキをじっと見つめるというキュートな姿を見せた。「もし掴むことができるなら、そうしたはず」と同誌は伝えている。

 生まれた時から注目を浴びる王室の子どもたち。無邪気な仕草で英国民を癒やしている。

(Hint-Pot編集部)