海外ニュース

エリザベス女王とカミラ夫人が風格のエレガントコーデ 「素敵な女王」とファン歓喜

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

エリザベス女王とカミラ夫人【写真:Getty Images】
エリザベス女王とカミラ夫人【写真:Getty Images】

 エリザベス女王とカミラ夫人は先日、関係する慈善団体の社会貢献事業が1周年を迎えたことを記念してビデオ通話を実施。ヘンリー王子夫妻インタビュー番組の余波が続く中、普段通りの落ち着きと風格で公務に臨んだ2人に対して、ファンから称賛の声が上がった。また、それぞれの個性を感じさせるエレガントなコーディネートも話題に。英誌はカミラ夫人が着けていたゴールドのペンダントについて裏話を披露している。

 ◇ ◇ ◇

女王はブルーの花柄ドレスにパールのアクセサリーをセレクト

 現地時間19日、エリザベス女王とカミラ夫人は慈善団体「ロイヤル・ボランタリー・サービス」の社会貢献事業が1周年を迎えたことを記念するビデオ通話を実施。この団体では女王がパトロン、夫人が会長を務めている。2人はブルーのドレスに身を包んで登場し、ヘンリー王子夫妻インタビュー番組の影響をまったく感じさせない普段通りの落ち着きで通話に臨んだ。

 この通話にあたり、女王はブルーの花柄ドレスにパールの3連ネックレスとペンダントブローチをセレクト。英雑誌「ハロー」は「美しかった」とストレートに称賛した。女王の白髪と白い肌、パールという透明感あるイメージを、ヴィヴィッドなブルーのドレスで締める色使いは「さすが女王」のセンスだ。また、夫フィリップ殿下が退院した数日後とあってか、普段よりもさらに余裕を感じさせる表情だった。

 一方で夫人はお気に入りブランド「フィオナ・クレア」のドレスをセレクト。春らしくさわやかなライトブルーと前身頃部分の繊細なプリーツが印象的なデザインだ。また胸元は深めに開いており、小ぶりのペンダントトップが付いたゴールドのペンダントを際立たせている。

 同誌によると、このペンダントはニュージーランドのジェエラー「イェンス・ハンセン」の「ゴールデン・キーウィペンダント」。2015年11月に同国を訪問した際、ネルソン市の市長から贈られた“特別なプレゼント”だったという。同国の国鳥キーウィをモチーフにしており、価格は498ポンド(約7万5000円)だそうだ。

 ヘンリー王子夫妻インタビュー番組による余波が続く中、さすがの風格を見せた女王と夫人。この様子を投稿した同誌の公式インスタグラム(hellomag)にも、「女王はいつものようにエレガントで雅やか」「女王と夫人を見ることができてとてもうれしい」「女王は私をいつも驚かせる」「素敵な女王」など、ファンからの賛辞が寄せられていた。

(Hint-Pot編集部)