海外ニュース

キャサリン妃叔父「姪に意地悪なところまったくない」 メーガン妃の暴露に真っ向反論

著者:森 昌利

タグ: , ,

キャサリン妃【写真:AP】
キャサリン妃【写真:AP】

 2018年5月、ヘンリー王子夫妻の結婚式に出席するブライズメイドのドレスをめぐり対立したとされるメーガン妃とキャサリン妃。英大衆紙はこの対立で「キャサリン妃が泣いた」と報じていたが、先日のインタビュー番組でメーガン妃は自分が「泣かされた」側だと主張。さまざまな意見が飛び交う中、最近では「どちらも涙を流した」という関係者の新たな証言も飛び出した。しかし、ここに来てメーガン妃の暴露を「一瞬たりとも信じなかった」と発言する人物が現れ、話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

キャサリン妃の叔父が人間性を含め完全擁護

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、「キャサリン妃に泣かされた」というメーガン妃の主張を真っ向から退けたのは、キャサリン妃の母キャロル・ミドルトンさんの弟で叔父にあたるゲイリー・ゴールドスミス氏だ。

 ゴールドスミス氏はまず「生まれた時からケイト(キャサリン妃の愛称)を知っています」と述べた上で、「彼女(キャサリン妃)にはまったく意地悪なところがありません」と主張。

 さらに、メーガン妃を泣かすような意地悪さはキャサリン妃の中にあるはずがないとし、「見た目以上に中身の方が愛すべき人間なんです」と説明した。そして、「もしもヒステリーを起こしたのは誰かと聞かれたら、それはメーガン(妃)だったに違いないと言うしかありません」と続けて、キャサリン妃を完全擁護した。

 また同氏は、メーガン妃の「自殺願望を抱いた」という発言についても言及。「ヘンリー王子はメンタルヘルス問題に取り組むチャリティのリーダーだったわけですが、メーガン妃が苦しんでいた時にどこにいたのでしょう。自身の妻に然るべきサポートができたはずですが」と語り、夫ヘンリー王子の対応を疑問視した。

 メーガン妃について「結局のところ女優」とも言い切ったゴールドスミス氏。「自分の望むように観客を操作することに長けているのです」と話し、インタビュー番組そのものが信用できないとの見方を示している。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)