海外ニュース

メーガン妃とキャサリン妃は「どちらも泣いた」 インタビューの矛盾裏付ける新たな証言

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】

 かねてより不仲が噂されていたメーガン妃とキャサリン妃。事の発端は、2018年5月に行われたヘンリー王子夫妻の結婚式に際し、ブライズメイドを務めたキャサリン妃の長女シャーロット王女の装いをめぐっての対立とも言われている。英大衆紙はこの対立について、「キャサリン妃が泣いた」と報じていたが、メーガン妃は先日のインタビュー番組で自分が「泣かされた」と、反対の主張をした。さまざまな意見が飛び交う中、新たに関係者から「実際にはどちらも涙を流した」という証言が飛び出したという。

 ◇ ◇ ◇

英大衆紙が関係者の新たな証言を紹介

 結婚式の直前にキャサリン妃を泣かせた事実はあったのか、司会のオプラ・ウィンフリーに問われたメーガン妃。言葉を濁しながらも「逆のことが起きた」とし、さらにその後について、キャサリン妃がカードを添えた花束を持って、メーガン妃の元へ謝罪しに訪れたことも語っている。

 メーガン妃のインタビューが公開されると、いくつかの英メディアが矛盾点を指摘。英高級紙「タイムズ」は、花束を持って訪れたキャサリン妃に対し、メーガン妃が大きな音を立ててドアを閉め門前払いしたと報じた。また英大衆紙「デイリー・メール」は、メーガン妃が受け取った花束をゴミ箱に捨てたと伝えている。こうしたひどい仕打ちを受けたとなれば、キャサリン妃もまた涙に暮れたと考えられるだろう。

 そして、英大衆紙「ザ・サン」はこのほど、「2人ともこの騒動で涙を流した」という関係者の証言を紹介した。

「メグ(メーガン妃の愛称)が密室でケイト(キャサリン妃の愛称)を泣かせたかどうかは知る由もありませんが、ケイトは花を拒絶されたことで涙を流したと聞いています」

「しかし、少なくともケイトは花がゴミ箱に入ってしまっても、オリーブの枝を差し出しました」

 平和の象徴であるオリーブの枝を差し出すとは、和解を申し出るということ。こうした証言からも、キャサリン妃側はこのいざこざを長引かせないよう、歩み寄ろうとしていたことが伝わってくる。

 インタビュー中、メーガン妃は結婚式から何か月も経って、この報道が出て驚いたという。そして、王室側に否定の声明を出すよう求めたが、断られたとも主張をしている。日を追うごとにますます謎が深まるこの騒動。キャサリン妃は沈黙を貫いている。

(Hint-Pot編集部)