海外ニュース

メーガン妃は「家族がまとまることこそ殿下の望み」 王室との和解に前向きと友人筋

著者:森 昌利

タグ: , , ,

エリザベス女王とヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
エリザベス女王とヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 3月上旬に放送されたインタビュー番組で、メーガン妃は「生きたくないと思った」と感じるほど王室での生活に追い詰められていたことを告白。さらに、生まれてくる長男アーチーくんの肌の色を気にしたメンバーがいたなどと明かし、王室を非難した。しかしそんな全世界を仰天させた発言から一転、フィリップ殿下の崩御をきっかけにして「王室を許す心構えができている」と語るなど、和解への態度を見せ始めているという。

 ◇ ◇ ◇

メーガン妃は王室メンバーとの和解に「前向き」だという

 メーガン妃の友人筋はこのほど英大衆紙「デイリー・メール」に対し、「メーガン(妃)は『(フィリップ殿下が亡くなり)困難を迎えた今こそ、お互いの意見の違いを乗り越えて、家族が団結するべき』と話しています」と証言。殿下の死去を機に、王室との和解に向け歩み出そうとしているという。

 さらにこの友人筋によると、メーガン妃は「家族が1つにまとまることこそフィリップ殿下の望み。(王室メンバーを)許すつもりですし、前に進みたいと思っています」とも語るなど、王室メンバーとの和解にはかなり前向きな姿勢だそうだ。

 しかし、王室との和解を示唆したメーガン妃は第2子妊娠中のため渡英を断念。「メール」紙によると、渡英自体は可能だったかもしれないが、妃の母ドリアさんから強く反対されたという。

 またメーガン妃本人が「自分が(葬儀に)行くことで注目を集めたくない」と語っているという報道もあり、現地時間17日に予定されるフィリップ殿下の葬儀には姿を現さないことが確定している。

 一方、ヘンリー王子は現地時間11日午後に英ヒースロー空港に到着。目撃者の話によると、目立たぬように迎えの車に乗り込んだという。

 現在の英国の新型コロナ予防規則では入国後10日間の隔離検疫が必要だが、葬儀など特別な理由がある場合は一時的に隔離場所を離れることが許されている。このため、17日への葬儀出席が可能となるようだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)