海外ニュース

キャサリン妃“えこひいき”は「誰一人していない」 メーガン妃主張に王室スタッフ反論

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とキャサリン妃【写真:AP】
メーガン妃とキャサリン妃【写真:AP】

 数々の暴露で全世界に衝撃の波紋を広げたヘンリー王子夫妻のインタビュー。その中でメーガン妃は、キャサリン妃が“えこひいき”されていたことを示唆した。“キャサリン妃は王室スタッフやメディアからも優先的に、そして好意的に扱われるが、一方で自分に対する扱いはネガティブすぎる”といったメーガン妃の主張内容に対し、キャサリン妃をよく知るスタッフ(上級廷臣)が真っ向から反論して話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

エリザベス女王「キャサリン妃は素晴らしい女性」 高く評価していることも明かした

 英大衆紙「デイリー・メール」は現地時間23日、29日に結婚10周年を迎えるウイリアム王子夫妻を祝して、王室記者リチャード・ケイ氏らの記事を掲載。この記事でキャサリン妃に仕えた上級廷臣は「誰一人として、キャサリン妃を彼女(メーガン妃)より優先したということはありません」と発言し、メーガン妃が暴露インタビューで主張した“えこひいき”を断固として否定した。

 さらにこの上級廷臣は、キャサリン妃は新しい生活や責任に「大騒ぎすることなく」「ただひたすら仕事をした」と、メーガン妃の主張とは対照的な証言もしている。

「家族に新しい人が来た時はいつも同じようにしていますよ。ここにいるのだから、ぐずぐずせずに学びなさいと。彼女(キャサリン妃)はそうしました。そして彼女はウイリアム(王子)に自信を与えています」

 また、ヘンリー王子を家族から引きはがすような形で王室を離脱させ、さらに米国へ移住させたメーガン妃と、未来の王妃として英国に尽くすキャサリン妃とを比較。キャサリン妃はウイリアム王子に嫁いでからというもの、エリザベス女王に多くを学び「人に気遣い、争わずという女王の精神を受け継ぎました。今では女王からも『ウイリアム(王子)が世間から愛され気配りもできる女性と結婚したのは素晴らしい』と評価しています」と語り、妃を心から称えている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)