海外ニュース

ヘンリー王子の再帰国と除幕式出席「完全にあり得ない」 英紙調査で8割が拒絶

著者:森 昌利

タグ: , ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 来たる7月1日に予定されているダイアナ元妃生誕60周年の銅像除幕式。生前の住居だったケンジントン宮殿の一角、元妃が愛した庭とされるサンクン・ガーデンで、忘れ形見のウイリアム王子とヘンリー王子が銅像お披露目に華を添える予定だという。しかし、3月の暴露インタビューなどの余波で、英国内ではヘンリー王子の出席に反対の大合唱が起きている。

 ◇ ◇ ◇

「どんなことがあっても帰国の必要はない」という手厳しい意見も

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」は1日、「ヘンリー王子はダイアナ元妃の銅像除幕式に参加すべきか」の設問で調査を実施。読者5554人の80%に当たる4463人が「NO(出席するべきではない)」と回答した。「YES(出席すべき)」はわずか19%(1009人)となり、妻のメーガン妃とともに一方的な暴露や主張を繰り返したヘンリー王子に“拒絶”を示す人は多いようだ。

 さらに、調査ページのコメント欄には「どんなことがあっても英国に帰ってくる必要はない」というストレートなものが。また王子の帰国に「まったく興味がない」とバッサリ切り捨てる意見や、銅像除幕式出席は「完全にあり得ない」とする厳しい意見が続いた。

 実母の生誕60周年を祝う晴れの日というのに、次男に出席を許さないという国民感情は尋常ではない。しかし、それも英国では「実の家族に対する裏切り行為」ととらえた国民が多かったからか。暴露インタビューの波紋がそれだけ大きかったということだろう。

 フィリップ殿下の葬儀で帰国した際には「王室メンバーの4分の1から冷たい対応を受けた」という報道もあった。だが今回の調査結果は、一般国民の対応もかなり冷たいことを明らかにした。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)