海外ニュース

キャサリン妃の夫婦円満なリアクションが話題 「イメージの再構築」と専門家

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】
ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】

 去る4月29日にめでたく結婚10周年を迎えたウイリアム王子とキャサリン妃のケンブリッジ公爵夫妻。きりのいい「10周年」がきっかけかもしれないが、先週にはYouTubeチャンネルを開設した。さらにはインスタグラムのアカウント名を「Kensington Roya」から「Duke and Duchess of Cambridge」に変更。プロフィール写真も微笑み合う仲睦まじいツーショットに変えて、新たな門出を迎えた。こうした動きについて王室専門家は「イメージの再構築」と見ているようだ。

 ◇ ◇ ◇

“親しみやすさ”がにじみ出る ウイリアム王子夫妻のSNS新戦略

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、王室コメンテーターのダンカン・ラーコム氏がウイリアム王子夫妻の新たなSNS戦略に対してコメント。「これからの王室を担っていく2人が新たにイメージの再構築をしようとしています」と発言した。

 そして、王子夫妻がヘンリー王子夫妻によるSNSの使い方に感化されていると指摘。そして、その新路線を歓迎した。

「ハリー(ヘンリー王子の愛称)とメーガン(妃)は現代の王族が生き残るために、ソーシャルメディアの最先端で自身のプロフィールを明かし、特定の人たちの間で人気を博さなければいけないと示しました」

 ウイリアム王子夫妻のYouTubeチャンネルに初めて投稿された動画を見ると、夫妻の敬愛すべき人柄がにじみ出ている。例えば冒頭では、「ほら気を付けてものを言わないと(これからは)彼らが何でも撮影しちゃうから」とウイリアム王子が言うと、キャサリン妃が「分かっているわ」とお茶目に一言返している。

 また「ちょっとRの発音が巻き舌すぎるんじゃない?」とスピーチの後に、王子をからかう妃の様子も。たった25秒の映像にもかかわらず、2人の自然な表情を垣間見ることができる。

 この動画を見る限り、夫妻はいかにも“お互い楽しんでいる”という雰囲気で、将来の国王と王妃の仲は円満そのものだ。3月の暴露インタビュー中、ヘンリー王子が父と兄について「王室のとらわれの身」とした発言からは、やはりほど遠く見えてしまう。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)