海外ニュース

メーガン妃着用で「需要が急増」 英ママブランドの4200円Tシャツに注文殺到

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 21日にApple TV+での配信がスタートした、ヘンリー王子のドキュメンタリーシリーズ。王子がオプラ・ウィンフリーとメンタルヘルスについて語り、その内容が早くも波紋を広げているが、事前に公開された予告編では妻メーガン妃が登場した場面も話題となっていた。その際、妃が着用していたメッセージTシャツの注文が殺到する事態になっているという。

 ◇ ◇ ◇

妃が身に着けていたTシャツが「雪だるま式」に広まる事態に

 予告編に登場したメーガン妃が着用していたのは、「Raising the Future(未来を育てる)」というスローガンが書かれた白いTシャツ。これに黒いパンツを合わせるというラフなスタイルだった。英大衆紙「デイリー・メール」はこのTシャツについて、英ママブランド「Mere Soeur」が販売している27ポンド(約4200円)のアイテムだと紹介。「Raising the Future」は同ブランドのスローガンであることも伝えていた。

 Apple TV+で映像が公開された後、このTシャツが“バカ売れ”しているという。英国ケント州の地元メディア「KentOnline」が掲載した記事によると、「Mere Soeur」の経営者であるキャリー=アン・ロバーツ氏は、妃が着用したことでTシャツへの需要が急増した、と語っている。

「Mere Soeur」は、同氏が息子を出産した直後に立ち上げたブランド。それまでファッション業界で働いたことはまったくなく、会社経営の知識もなかったものの、自分が共感できるような服を見つけることに苦労した経験から、母親をターゲットにスタートさせたという。

 これまでは「スモールビジネス」だったが、予告編公開後に状況は激変。記事によると、妃が身に着けていたTシャツが「雪だるま式」に広まっていく様子を目の当たりにして、同氏は「気分が高まり、とても感情的になってしまいました」と喜びをあらわにしている。

 元々、同氏が「自分で好きなものを作ろうと思ってスタートさせた」という同ブランド。Tシャツにプリントされているスローガンには「(子育ては)あなたがやりたいようにすればいい。もし、他人と違うやり方であっても大丈夫だよ」という意味が込められているという。

 記事では、同ブランド初期のデザインの1つで、最もポピュラーなものの1つでもあると伝えている。長男アーチーくんのプライバシーに細心の注意を払いながら子育てを続け、夏には第2子となる長女を出産する予定の妃にとって、心に響くメッセージだったのかもしれない。

 フェミニスト団体「the Young Women’s Trus」のアンバサダーで、インスタグラムには約5万人のフォロワーがいるというロバーツ氏は、今回の出来事について「本当に一生懸命頑張ってきたスモールビジネスにとって、これはとても大きなことです」とも語ったという。その言動が度々物議を醸す妃だが、Tシャツ1枚で改めて影響力の大きさを見せ付ける形となった。

(Hint-Pot編集部)