海外ニュース

キャサリン妃 険悪ムード高まる兄弟の仲介役再び? ダイアナ元妃銅像除幕式に出席へ

著者:森 昌利

タグ: , ,

キャサリン妃【写真:AP】
キャサリン妃【写真:AP】

 ダイアナ元妃の生誕60周年記念日がいよいよ来月1日に迫った。銅像の除幕式が行われるケンジントン宮殿のサンケン・ガーデンは、生前の元妃が愛した場所。そこに不仲説が流れるウイリアム王子とヘンリー王子が揃い踏みするとあって注目が集まっている。3月の暴露インタビュー後から険悪ムードがますます高まり緊迫した状況の中、キャサリン妃が式典に出席を表明するという朗報が届いた。

 ◇ ◇ ◇

フィリップ殿下の葬儀でも兄弟が会話するチャンスを作った

 フィリップ殿下の葬儀に続き、暴露インタビュー後2度目となる兄弟の再会はダイアナ元妃の銅像除幕式となる予定だ。英大衆紙「デイリー・ミラー」が掲載した記事によると、この除幕式にキャサリン妃も出席することが明らかになった。気まずい雰囲気が予想される2人に、助け舟を出すことが期待されている。

 銅像設置は2017年に、当時まだ仲良し兄弟として評判だったウイリアム王子とヘンリー王子が共同で計画。ところがメーガン妃と結婚した2018年頃から兄弟仲に亀裂が生じ、ヘンリー王子夫妻の“王室引退”や、一連の暴露と王室批判を経て、2人の関係は完全に決裂状態となっている。

 キャサリン妃がそんな緊迫する兄弟の懸け橋になった前例は、4月に行われたフィリップ殿下の葬儀だった。礼拝堂を出た場所でヘンリー王子に話しかけた妃は、先に歩き始めたウイリアム王子には追い付かず、ヘンリー王子との間に立って誘導するような位置に。ヘンリー王子が追い付くと、ウイリアム王子との間に自然と入るように位置を変え、2人が会話するチャンスを作った。

 今回の除幕式では3人同時に入場するとみられるが、スピーチは別々で行う意向。とはいえ、共同でダイアナ元妃の遺志に敬意を表するとともに、銅像製作に尽力した彫刻家のイアン・ランク=ブロードリー氏への謝辞を述べるという。共同作業が多いだけに、妃のさりげない心遣いはきっと今回も発揮されることだろう。

 ヘンリー王子は間もなく英国に戻り、新型コロナウイルス感染予防規定に従いフロッグモア・コテージで自主隔離に入るとみられている。また、2歳の息子アーチーくんを帯同するとの噂も流れているが、王室関係者はこれを否定した。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)