動物・レジャー

東北に巨大ねこ? ユーモラスな1枚に6万人驚き「わが地方がもふもふに」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

東北地方に“上陸”して動かなくなったノースちゃん。地図はほとんど見えない……【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】
東北地方に“上陸”して動かなくなったノースちゃん。地図はほとんど見えない……【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】

 ねこは紙の上が好き。広げた雑誌や新聞の上に乗られて、読めなくなってしまったという経験をしたことのある飼い主は多いでしょう。そんな“ねこあるある”をユーモラスに伝えたツイッターの投稿が話題になっています。元保護ねこが“占拠”したのは、地図上の東北地方でした。飼い主のトラ兄(@cs_tora)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

姉妹のサウスちゃんたちとともに保護されたノースちゃん

「東北地方に上陸し動かない三毛猫」

 こんな一言とともに投稿された1枚の写真。確かに、大きな体の三毛ねこが青森から福島まで東北地方を完全に覆い隠すように横たわり、気持ち良さそうな表情を浮かべています。“上陸”という表現に笑ってしまいますよね。

姉妹のサウスちゃん(左)とノースちゃん【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】
姉妹のサウスちゃん(左)とノースちゃん【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】

 こちらは9歳の「ノース」ちゃん。何でもよく主張してくる活発な女の子です。さらに、おうちには、同じく9歳で茶白の女の子「サウス」ちゃんもいます。ノースちゃんとは対照的に、おとなしくて、甘えん坊なのだとか。トラ兄さんによると、保護された時に4匹だったため、施設で東西南北が振り当てられ、この名前になったそうです。

 元々、ねこを飼っていたというトラ兄さん。先代ねこが虹の橋を渡り、数か月経つうちにねこのいない生活に物足りなさを感じたそう。そこで保護施設を何度か訪れているうちに、膝に乗ってくるフレンドリーなノースちゃん・サウスちゃん姉妹に出逢い、お迎えすることを決めたといいます。

8年前のサウスちゃんとノースちゃん【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】
8年前のサウスちゃんとノースちゃん【写真提供:トラ兄(@cs_tora)さん】

 今回話題となった投稿は、そんな2匹との穏やかな日常の一コマをとらえたものです。新聞などを広げると、その上に乗ることがよくあるというノースちゃん。この時は旅行計画を立てようと地図を広げていたら、ゴロンと横になったそうです。

 いつもであれば、乗っていない部分を見たりできるものの、この時は「東北地方全体を覆われたので、どうすることもできませんでした」。ノースちゃんが寝転がっていたのは、時間にして数分。隙間から地図を見ようとしても、まったくどいてくれなかったのだとか。

 このノースちゃんの堂々たる“上陸ぶり”は大きな話題に。6.6万件の“いいね”が集まり、「東北は涼しいからね」「かわいいじゃねーか」「わが地方はもふもふに占拠された……」「お腹がリアス式海岸になってる」などとコメントが付きました。

 過去にも、ノースちゃんが地図の上に乗っている写真を投稿したことがあったというトラ兄さん。次はどこに“上陸”するのか、注目ですね。

(Hint-Pot編集部)