暮らし

大谷翔平の「スター性すごすぎ」 菊池雄星は「美しい妻」と メジャーの華やかレッドカーペット

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

レッドカーペットに登場した菊池投手(左)と大谷選手【写真:Getty Images】
レッドカーペットに登場した菊池投手(左)と大谷選手【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回は、メジャーリーグのオールスターゲームで恒例となっているレッドカーペットショーの話題。日本人メジャーリーガーの菊池雄星投手(シアトル・マリナーズ)、大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)にも大きな注目が集まりました。

 ◇ ◇ ◇

一流選手たちがフォーマルな出で立ちで球場入りする恒例イベント

 米コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで13日(日本時間14日)に開催された今年のオールスターゲーム。MLB史上初の二刀流出場を果たした大谷選手が“主役”になりました。

 打者としては2打数無安打に終わったものの、投手としては先発の大役を務めて1回を無安打無失点に抑える完璧な投球を披露。160キロ超えの剛速球を投げ込み、勝利投手に輝きました。

 選手として抜群の存在感を放っただけでなく、グラウンド外でも注目の的に。他球団のスタープレーヤーや往年の名プレーヤーから続々と話しかけられ、さわやかな笑顔で対応する姿もカメラにとらえられていましたが、特にファンを喜ばせたのが試合前に行われたレッドカーペットショーです。

 いつもはユニフォームで躍動する一流選手たちが、フォーマルな出で立ちで球場入りするオールスター恒例のイベント。家族やガールフレンドとともに登場する選手も多く、華やかな雰囲気に包まれます。大谷選手がどのような服装で誰と一緒に現れるのか、注目していたファンも多いのではないでしょうか。

 クアーズ・フィールドを本拠地とする、コロラド・ロッキーズのチームカラーに合わせ、“パープルカーペット”となった会場。大谷選手は水原一平通訳や球団関係者とともに姿を現しました。

 その装いは、濃紺ジャケットに白のTシャツという清潔感あふれるコーディネート。写真を紹介したエンゼルスの公式インスタグラムに足元は写っていませんが、靴は白のスニーカーでした。

 シンプルですが、スタイルの良い大谷選手が着ると、まるでモデルのようです。コメント欄には「スター性がすごすぎて……」「さわやかな笑顔ですね」といった日本語のコメントが。現地ファンも「超かっこいい」「ハンサム」とメロメロの様子でした。さらに、「サプライズで彼女連れてきたらどうしようかと思った」という安堵(?)の声も上がっています。

愛息を抱きかかえ、瑠美夫人とともに会場入りした菊池投手【写真:AP】
愛息を抱きかかえ、瑠美夫人とともに会場入りした菊池投手【写真:AP】

 一方、花巻東高校の先輩である菊池投手は、ネイビーのピンストライプスーツ姿。ノーネクタイのラフなスタイルで、ブルーのセットアップを着た愛息を抱き抱えていました。

 隣には夫人の元フリーアナウンサー、瑠美さんの姿も。2017年3月までNHK BS1「ワールドスポーツMLB」のキャスターを務めていたことでも知られる瑠美さんは、華やかなグリーンのキャミドレスで周囲を魅了しました。マリナーズが球団公式ツイッターで菊池一家のスリーショットを公開すると、現地ファンから「素晴らしい写真だ」「何て美しい家族」「美しいワイフ、美しいドレス」「彼の妻は魅力的ね」などとコメントが付いています。

 前半戦は獅子奮迅の活躍でチームを牽引してオールスターに選出され、スター選手が集まる夢舞台を満喫した様子の2人。後半戦の活躍にも期待したいですね。

(Hint-Pot編集部)