暮らし

大谷翔平の貴重な“通勤ファッション”に日米ファンが興味「そのバッグの中身は何?」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

大谷翔平選手【写真:Getty Images】
大谷翔平選手【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回はメジャーリーグの大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)が見せた貴重な私服姿です。

 ◇ ◇ ◇

エンゼルス球団ツイッターが投稿した大谷選手の私服姿が話題に

 背番号17のユニフォームをまとい、投げて打っての活躍が印象深い大谷選手の私服姿が話題を呼んだのは、8日(日本時間9日)のことでした。

 きっかけは所属するエンゼルスの球団公式ツイッターがアップした写真です。この日、本拠地で行われたカンザスシティ・ロイヤルズ戦のため、球場入りする選手4人のオフショットを公開し、その1人が大谷選手でした。

 グレーのポロシャツに夏らしいベージュの膝上丈ショートパンツ、白のキャップを前後逆にかぶり、左手には黒の大きめのショルダーバッグを提げ、右手にはシルバーのアタッシュケースを持って歩いています。

 投稿には日米のファンが興味津々。特に「アタッシュケースの中身は何だ?」「そのバッグには何が」「ケースの中身が気になるわよ」との声が多く、ファッションについても「貴重な私服姿」「足ごっつ」「(画像に写っていない)靴が気になる」などと熱視線を集めていました。

 バスケットボールのNBAでは選手の“通勤ファッション”をチームのSNSが発信することはありますが、MLBでは珍しい試み。日米の多くの野球ファンを喜ばせていました。

 なお、大谷選手は11日(日本時間12日)に敵地のダイヤモンドバックス戦に投手として先発予定。指名打者が採用されない試合のため、打者としても打席に立ち、投打二刀流の活躍が期待されています。

(Hint-Pot編集部)