動物・レジャー

キングサイズ肉球に3万人驚愕 動物園がライオンの手のひら写真公開 「顔を埋めたい」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ライオンのキングくん【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】
ライオンのキングくん【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】

 百獣の王・ライオンは“肉球”もキングサイズでした。岩手県にある「盛岡市動物公園ZOOMO」の公式ツイッターアカウント(@moriokazoo)でライオンの手のひらを撮影した写真が公開され、注目されています。3.2万件以上の“いいね”を集めたこの投稿について、同園でライオンを担当している飼育員さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

どんな匂い? めったに見られないお宝写真に質問相次ぐ

ごろんと迫力あるキングくんの肉球【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】
ごろんと迫力あるキングくんの肉球【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】

「見てください!」と「盛岡市動物公園ZOOMO」公式ツイッターアカウントが公開したのは、飼育している15歳のライオン「キング」くんの肉球。飼育員さんが両手で持ち上げた手のひらには、丸々とした肉球が並んでいます。

 足首からつま先までは約20センチ、そして横幅は11センチほどの手のひらはグローブのよう。ずらりと並んだ4センチ前後の大きな肉球には、「大きい!」「腕枕ならぬ、手枕してほしい」「顔を埋めたい」「ねこパンチの破壊力」「どんな匂い?」などのコメントが寄せられました。

 投稿には「ご安心ください。先日健康診断で麻酔をかけた時に撮影したものです」という説明も。飼育員さんによると、健康診断は治療や検査などを目的に不定期で行っているそうです。

足首からつま先までは約20センチ、横幅は11センチ【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】
足首からつま先までは約20センチ、横幅は11センチ【写真提供:盛岡市動物公園ZOOMO(@moriokazoo)】

 ライオンが実はネコ科に属していることは、多くの人がご存じでしょう。そこでねこ好きならその質感は押さえておきたいところ。投稿には「個人的見解としては、乾いた感じや、押した時の弾力は『市販のカマンベールチーズ』に似ています」と書かれています。匂いは「次の機会に!」とのこと。百獣の王の“肉球”について続編に期待したいですね。

 飼育員さんによると、キングくんは「アフリカ園」エリアで暮らしているそう。メスの「プリンセス」ちゃんもいますが、15歳というキングくんの高齢や安全面を考慮して同居はせず、柵で分けて飼育されています。

 暑さには比較的強いライオンですが、キングくんは高齢のため暑さが苦手。この時期は日陰やミストシャワーの下で肉球を念入りにお手入れするなど、のんびりと過ごしているそうです。コロナ禍が収束すれば、ぜひ会いに出かけたいですね。

(Hint-Pot編集部)