海外ニュース

メーガン妃がキャサリン妃に“コラボ”を打診か 関係は「ポジティブ」と米誌報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】

 兄ウイリアム王子と弟ヘンリー王子、それぞれの妻であるキャサリン妃とメーガン妃。兄弟間に加え、妻の間にも確執が存在すると伝えられて久しい。だが、米誌は情報筋の話として、キャサリン妃とメーガン妃の仲は良好であると報道。しかも、メーガン妃はキャサリン妃に企画を持ちかけているという。

 ◇ ◇ ◇

「2人の関係はとてもポジティブなもの」と関係者

 キャサリン妃とメーガン妃の確執を象徴する出来事といえば、メーガン妃のロイヤルウェディング前にブライズメイドのタイツをめぐって対立した一件がある。英メディアは「メーガン妃がキャサリン妃を泣かせた」と報じたが、メーガン妃は3月放送のインタビューで「実際は逆」と暴露。「泣かされたのは私」として、確執の根深さを感じさせた。

 だが、米雑誌「USウィークリー」が米国時間13日に「独占」として公開した記事によると、情報筋は同誌に対し「メーガン(妃)とケイト(キャサリン妃の愛称)の関係は、実のところとてもうまくいっていて、2人はより頻繁に連絡を取り合っています」と証言したという。

 さらに近頃は“コラボ”の話も出ているという。前述の情報筋は「メーガンはネットフリックスのプロジェクトでコラボすることについて、彼女(キャサリン妃)と話しています。それは、ケイトの慈善活動とそれによって彼女が与えた大きな影響にスポットライトを当てるドキュメンタリーです」と、その概要についても明かしている。

 しかも、キャサリン妃がメーガン妃のコラボ提案を検討しているとも証言。「ケイトは(コラボ提案を)光栄に思っています。2人の関係はとてもポジティブなものです」と、確執が存在しない状況を繰り返した。

(Hint-Pot編集部)