動物・レジャー

保護猫カフェで運命の出会い 子猫と先住猫の擬人化漫画に1万人超ほっこり「尊すぎ」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

漫画のワンシーン【画像提供:うえだしろこ(shiroko_u)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:うえだしろこ(shiroko_u)さん】

 最近増えつつある「保護猫カフェ」をご存じですか? それは、飼い主が手放した猫や保健所、愛護センターなどに保護された野良猫などと人とが触れ合う機会を提供するカフェのこと。飼育希望者には譲渡も行っており、猫と実際に触れ合うことでお互いの相性を見極められご縁を結べます。また、今は猫が飼えない方にとっても、猫のかわいらしさに癒やされながら保護猫活動について考えることのできる、貴重な場になっているようです。そんな保護猫カフェで出会った子猫をお迎えした家族の漫画が、インスタグラムで話題になっています。作者のうえだしろこ(shiroko_u)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

初めて保護猫カフェから譲渡 ドタバタ劇にワクワクドキドキ

 うえだ家はパパとママ、そして陽気で優しいお兄ちゃんの桃太郎くん(8歳)&愛嬌たっぷりな金太郎くん(5歳)の4人家族。そこに昨年、エネルギーを使わないことがモットー(!?)の“猫らしくない猫”ムサシくんも加わり、4人と1匹の日常はいつも笑い声に満ちています。

 ムサシくんが1歳になる頃、うえださんは近所に保護猫カフェがオープンしたことを知ります。ムサシくんを迎えたことですっかり“猫好きファミリー”になっていたため、さっそく訪れることに。そして何度か通っているうちに、とうとう子猫のゆりちゃんと運命の出会いを果たしました。

 ゆりちゃんは当時3か月半ほど。うえださんはあまりのかわいさに「この子をお迎えしたいです」とその場で申し出て、すぐ面接の予約を取りました(※譲渡条件はカフェにより異なりますが、多くは面談や書類審査があります)。家族の承諾も取り付けましたが……。気になるのは、先住猫であるムサシくんとゆりちゃんがうまくやっていけるかということ。

 うえださんはそのエピソードを「保護猫ゆりちゃんがやって来た。」というタイトルで、7話(+番外編)にわたってインスタグラムに投稿しました。

 漫画では、ゆりちゃんが“素直になれないギャル系妹”、ムサシくんが“不器用なお兄ちゃん”と、擬人化して表現されているのですが……。

 最初はツンツンしていたゆりちゃんがやっとムサシくんを受け入れたと思ったら、今度は自分のテリトリーを荒らされたムサシくんがプンプン! 愛しくて楽しい2匹の攻防に読者は思わず吹き出しながらも、「最後は仲良くなれる!?」とハラハラしてしまいます。

 見逃せない展開に、シリーズは回数を追うごとに“いいね”の数を増やし、最終回となる第7回では何と1.4万もの“いいね”がつきました。

 また、どの回にも「2匹とも愛らしい」「毎回続きを、首を長くして待っています」「むっちゃん(ムサシくん)たちの擬人化が最高!」「温かい家族に仲間入りできて、ゆりちゃん幸せですね」「家族が増えるのがすごくうれしいという気持ちが伝わり、癒やされます」「この投稿が好きすぎて、何度も見返してはニヤついています」など、ファンからの愛情に満ちたコメントがたくさん届きました。