海外ニュース

カミラ夫人は「相変わらず洗練されていた」 ツートーンのシックなミディドレスで授賞式へ

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

「The Oldie of the Year Awards」授賞式に登場したカミラ夫人【写真:AP】
「The Oldie of the Year Awards」授賞式に登場したカミラ夫人【写真:AP】

 エリザベス女王が受賞を辞退したことで話題を呼んだ「The Oldie of the Year Awards」。授賞式は現地時間19日に英ロンドンで開催され、王室からはカミラ夫人がプレゼンターとして出席した。英誌はツートーンのミディドレスで登場した婦人を「相変わらず洗練されていた」と絶賛している。

 ◇ ◇ ◇

エリザベス女王は「史上最も礼儀正しい受け入れ拒否」

 英月刊紙「The Oldie」が主催するアワード「The Oldie of the Year Awards」は、生涯や近年の功績、話題性などで著名な高齢者を表彰するもの。今年の受賞者にはエリザベス女王を選出したが、女王は「受賞基準を満たしていない」として賞を辞退した。

 同紙はこれを「史上最も礼儀正しい受け入れ拒否」「受賞するには心が若すぎた」と表現。また、公開されたバルモラル城からの手紙には、「自分の思う年齢が自分の年齢になる」と女王が考えていることも記されていた。

 授賞式は19日、英ロンドンの5つ星ホテル「ザ・サヴォイ」で開催。女王の辞退が発表されたが、王室からはカミラ夫人がリアルで出席し、料理家で司会者のデリア・スミス氏をはじめとする受賞者たちと対面した。夫人は今年の7月に74歳、スミス氏は今年の6月に80歳を迎えている。

 この日の夫人は、白とネイビーのツートーンミディドレスで登場。胸元と袖口に白のシャツ風ディテールが施されたシンプルなデザインだ。黒のストッキングとヒール、ネイビーのクラッチバッグで全体をまとめ、「ヴァン クリーフ&アーペル」のお気に入りジュエリーを際立たせていた。

 英雑誌「ハロー」は夫人のコーディネートを「相変わらず洗練されていた」と絶賛。チャールズ皇太子との公式インスタグラム(clarencehouse)で公開された写真にも「公爵夫人(カミラ夫人)はとても素敵に見える」「(授賞式の場に)高齢者は見当たりません。素敵な人がいます」といった賛辞や、「シニア世代を認めるというアイデアが大好き」といった賞に対する好印象も多く寄せられていた。

(Hint-Pot編集部)