動物・レジャー

「液体ですね!」 元保護ねこが見せた異次元の動き ミラクルショットに10万人驚愕

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

飼い主さんが「入」とタイトルを付けた、おこめくんの写真【写真提供:コーキ[光希](@kokey_mx)さん】
飼い主さんが「入」とタイトルを付けた、おこめくんの写真【写真提供:コーキ[光希](@kokey_mx)さん】

 愛猫のかわいい仕草を写真に収めたい。レンズを向けた飼い主さんのそんな意気込みを察してくれたのか、一風変わった動きを見せたねこの写真がツイッター上で注目されています。フォトジェニックな動きで10.6万件の“いいね”を集めた投稿について、飼い主のコーキ[光希]さん(@kokey_mx)に話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

本当にねこ? 異次元の動きで見る者を翻弄

「実家のねこ(生後4か月)。モトクロスの30倍ぐらい撮るの難しくてとても楽しかった。」という文章を添えてツイッターに投稿された4枚の写真。背中をのけぞらせたり、垂直飛びのような格好で写る生後4か月のねこ「おこめ」くんに、愛猫家が沸き立ちました。

 週末は趣味でオフロードのバイクレースを撮影しているという飼い主さん。「臨場感ある写真を撮影したい」と、今夏に新しいカメラを入手しました。空中を駆るバイクのように、激しい動きをしてくれるものが身近でないかと思案していた時、被写体として浮かんだのが実家で飼われているおこめくんだったそうです。

 最初は成長記録を収めようと軽い気持ちでレンズを向けていましたが、おもちゃに向かって飛びはね続けるおこめくんが見せる無尽蔵のスタミナに驚愕。ぶれないように動画撮影で使うLED照明を駆使するなど、工夫を重ねたそう。

 休憩を挟みながら30分ほど撮影し、収めた異次元の動きを友人たちに楽しんでもらおうとツイッターで公開したところ、大きな反響につながりました。

 投稿のリプライ(返信)には「何の生物か分かりませんでした」「液体ですね!」「ねこバウアー」など、その柔軟さに目を奪われた人から感想が寄せられました。

 オフロードバイクの撮影では「いつか誰かの目に留まる写真を撮影できるように」と心がけていた飼い主さん。おこめくんの写真が注目を浴び、「自分の写真でたくさんの方に優しさと温かさをお届けできたなら、カメラマンとして本望です」と喜んでいます。

ビヨーンと音が聞こえてきそうなおこめくんの写真。タイトルを付けるなら「覚醒」だそうです【写真提供:コーキ[光希](@kokey_mx)さん】
ビヨーンと音が聞こえてきそうなおこめくんの写真。タイトルを付けるなら「覚醒」だそうです【写真提供:コーキ[光希](@kokey_mx)さん】

 ちなみに、バズった4枚の写真にタイトルを付けるなら、両目を前足で覆い後ろにのけぞった1枚目が「入」、上半身を真横にひねった2枚目が「準備体操」、見事なジャンプを見せた3枚目が「カンフーニャンコ」、垂直飛びしている4枚目が「覚醒」だそうです。