動物・レジャー

2匹の柴犬がそっぽ向いた理由にほっこり 「うちもカメラ向けると…」と共感の声も

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

カメラから顔を背けるそらくん(左)とひなちゃん【写真提供:柴犬ひなとそら(@sorahina_810)さん】
カメラから顔を背けるそらくん(左)とひなちゃん【写真提供:柴犬ひなとそら(@sorahina_810)さん】

 記念日の撮影には、家族の一員であるペットたちも欠かせませんよね。抱っこして「はい、ポーズ!」のはずが、「降ろして」とカメラから顔を背ける2匹の柴犬の写真がツイッターで注目されています。投稿について、飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

「降りたい!」が譲れない2匹

 抱っこしてくれた飼い主さんに背を向けて床に降りたがっているのは、10歳になる女の子の赤柴「ひな」ちゃんと13歳になる男の子の黒柴「そら」くんです。この日は飼い主さんの誕生日。家族でごちそうを囲み、「ケーキの前で撮影をしよう」とひなちゃん&そらくんを抱き上げました。

 しかし、2匹は飼い主さんが「こっちを見て」と言っても、なかなか振り向いてくれません。カメラも人も見てくれない2匹に、寂しくなった飼い主さんは「写真撮影には一切付き合う気がない……」という嘆きの声を添えて、写真をツイッターに投稿しました。

 写真を見た人からは「撮影は事務所を通してだわん」「2匹揃って、そっぽを向く。あららwww」「うちのいぬもカメラ向けると向こう向きますね。どんだけ嫌いなんだか」などの感想が寄せられました。飼い主さんは大きな反響に、「多くの方に見ていただけてうれしいです」と喜んでいます。

映画で見た柴犬に一目惚れ

いつも仲良しの2匹【写真提供:柴犬ひなとそら(@sorahina_810)さん】
いつも仲良しの2匹【写真提供:柴犬ひなとそら(@sorahina_810)さん】

 2004年10月23日に発生した「新潟県中越地震」のエピソードを基に、柴犬と人の交流を映像化した映画『マリと子犬の物語』(2007)を観て「柴犬が大好きになった」という飼い主さん。「映画をきっかけに柴犬を探すようになり、2匹を迎えました」と教えてくれました。

 先にやってきたそらくんには「どうしても『そら』と名付けたい!」と、当時小学生だった飼い主さんがこだわったそう。3年後に迎えたひなちゃんは、「穏やかでかわいらしい姿に似合う」と飼い主さんのお母さんが命名したそうです。

 飼い主さんはこれまでも記念日などに撮影をしてきましたが、「良い写真を撮るのは難しい」と頭を悩ませています。話題になった写真を撮影する際、ひなちゃんは「寝たい」、そらくんは「暴れたい!」と考えていたよう。撮影後に床に降ろしてあげると「『やっと解放された』という感じで走り回っていました」と振り返ってくれました。

○取材協力:柴犬ひなとそら(@sorahina_810)さん

(Hint-Pot編集部)