動物・レジャー

バナナ箱の中で放棄された子ねこ 監視するほど飼い主さん大好きっ子に成長しほっこり

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

怪訝そうなおかおで飼い主さんを“監視”していたリコちゃん【写真提供:ちんぴょろ君(@kasaix)さん】
怪訝そうなおかおで飼い主さんを“監視”していたリコちゃん【写真提供:ちんぴょろ君(@kasaix)さん】

 放っておいてほしい素振りを見せたり、と思えば急に甘え出したり……ねこって本当に気まぐれですよね。でも、そんな自由な中でも“監視の目”は常に光らせているのかもしれません。ツイッター上では現在、キャットタワーのてっぺんから鋭い視線を投げかける三毛ねこの姿が注目を集めています。飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

生後間もない時に捨てられていたところを保護 “甘えん坊”に成長

 飼い主さんがふと見上げたその視線の先。キャットタワーのてっぺんから「キッ!」と鋭い視線を送るのは推定2歳半の女の子「リコ」ちゃんです。かわいいお名前は、飼い主さんの配偶者さんが好きな漫画の主人公が由来とのこと。

 飼い主さんとの出会いは、2年前の5月上旬のことでした。リコちゃんは現在も一緒に暮らす、キジ白ねこの「マロ」くんとともにバナナの箱に入れられ、捨てられているところを発見されました。飼い主さんはすぐに2匹を保護することに。保護翌日は雨だったそうで、もしも飼い主さんがまだ生後間もなかった2匹に気づかなければ「死んでたかもしれない」と、今でもその時のことを思い出し、胸を撫でおろします。

 2匹はどちらも甘えん坊さんに成長しましたが、マロくんに比べリコちゃんの方が活発な性格だそう。だからでしょうか、今回も実は「遊んで!」のサインを送っていたのかもしれません。

キャットタワーのてっぺんから目を光らせる姿はまさに“ねこ型監視カメラ”【写真提供:ちんぴょろ君(@kasaix)さん】
キャットタワーのてっぺんから目を光らせる姿はまさに“ねこ型監視カメラ”【写真提供:ちんぴょろ君(@kasaix)さん】

 飼い主さんによると、今回の写真は夕食時の一コマ。リコちゃんから“監視”されるのは日常茶飯事で普段は特に気にならないそうですが、この時ばかりはその怪訝そうな表情があまりにも面白く、目を奪われてしまったのだそうです。

 インパクト抜群の写真はツイッターで注目を集め、リプライ(返信)欄には「カーッって音が聞こえてきそうです」「これはねこ型監視カメラなのでは」「いつも見てるにゃー」「監視されたいですわ」など、さまざまな反応が寄せられています。

 鋭い視線を向けていたリコちゃんでしたが、その後は飼い主さんがしばらく目を離したためか、キャットタワーの上でそのまま“寝落ち”していたとのこと。しかし、夕食が終わって飼い主さんがパソコンデスクに座るやいなやモニターをブロックしに飛んで来たそうです。

 こうした行動の一つひとつは飼い主さんへの愛ゆえでしょう。運命的に飼い主さんと出会い命が助けられたリコちゃんとマロくんの幸せな日々を、これからも願いたいですね。

◯取材協力:ちんぴょろ君(@kasaix)さん

(Hint-Pot編集部)