Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

お出かけ

東京一の恋愛成就スポットに「リラックマ」の絵馬が登場 「インスタ映えする!」と人気

著者:Hint-Pot編集部・西村 綾乃

リラックマ絵馬で開運祈願を【写真:Hint-Pot編集部】
リラックマ絵馬で開運祈願を【写真:Hint-Pot編集部】

“東京のお伊勢様”として親しまれている東京大神宮(東京都千代田区)で、人気キャラクター「リラックマ」をデザインした絵馬の授与が12月1日から始まっています。恋愛成就などにご利益があるといわれ、日頃から女性参拝者が多い同宮には、かわいい絵馬を求め多くのファンが足を運んでいるようです。良縁を授かりに訪れてみませんか。

 ◇ ◇ ◇

千代田区を盛り上げたい! リラックマが活躍中

 JR中央・総武線などの「飯田橋」駅から徒歩約5分の東京大神宮。東京で“お伊勢参り”ができるよう、伊勢神宮(三重県伊勢市)の遥拝殿として1880年に創建されました。当初は日比谷だったため「日比谷大神宮」でしたが、関東大震災後に飯田橋に移転して「飯田橋大神宮」に。「東京大神宮」と改称されたのは戦後のことだそう。

 現在は良縁を授かることができるパワースポットとして人気を集め、七夕の時期には星の形をしたお守り「幸せ星守り」を授与するなど、期間限定企画も毎回話題になっています。

 東京大神宮と「リラックマ」のご縁は、東京都千代田区という場所から。リラックマは先に、生みの親であり関連雑貨の製造販売や版権管理を行う「サンエックス株式会社」の本社が同区にあるため、今年8月には千代田区観光協会観光大使に就任しました。「ちょっとよりみち ごゆるり ちよだ」をテーマに、コリラックマやチャイロイコグマ、キイロイトリとともに同区の魅力を伝え続けています。

 東京大神宮とリラックマのコラボレーションは今回が初めて。丸型の木製絵馬には、はんてんを着たリラックマたちが区内を案内している様子がデザインされています。また、東京大神宮の社紋や開運祈念の文字も刻まれた本格派です。

 同区内から友人とやってきた20代の女性は「とてもかわいくて感激しました。今日は誕生日だったので、いい記念になりました」と笑顔。世田谷区から訪れた10代の女性は「持ってきたリラックマと一緒に撮影しました。境内には季節の花も咲いているのでインスタ映えする!」と熱心に撮影を続けていました。

 絵馬はリラックマが観光大使に就任している間のみ授与されます。初穂料(価格)は500円。授与時間は午前8時から午後5時。問い合わせは東京大神宮社務所(03-3262-3566)へ。

(Hint-Pot編集部・西村 綾乃)

お出かけのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly