暮らし

交通安全のお守りは車のどこに置くべき? みよこ先生のインテリア風水

著者:みよこ先生

タグ: ,

車の外観はタイヤを含めていつもきれいに(写真はイメージ)【写真:写真AC】
車の外観はタイヤを含めていつもきれいに(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 気軽に実践できるオリジナル風水で人気のみよこ先生は、「府中の神様」などと呼ばれ、雑誌の連載や全国各地のセミナーで活躍中です。そんなみよこ先生から、手軽に実践できるインテリア風水を学ぶこちらの連載。今回は車に関するお話です。交通安全のお守りを置くと効果的な場所やカーグッズでおすすめの色など、目からウロコのみよこ流風水をお届けします。

 ◇ ◇ ◇

窓は外との結界 きれいに磨いて良い気を取り入れて

 コロナ禍において、車で移動をする方が増えていますね。「車は自分の別宅」という感覚の方も多いでしょう。車もやはり、きれいに掃除しておくことが大切です。

 一番のポイントは、窓。車はほとんどが窓ガラスで、それが外との結界になっています。窓をきれいにしておくと、良い気が入ってきやすくなる。結界としての力も強まり、悪いものを寄せ付けにくくなるんですよ。

 床の泥やホコリもこまめに掃除しましょう。何度もお伝えしていますが、ホコリは悪い気を絡め取り、空間の気をよどませますから。

 当然ですが、タイヤを含め外観もきれいにしておいてください。見た人に「あの車、汚いわね!」などと思われると、そのネガティブな気が乗っている人に降りかかり、運気ダウンを招きます。

 それから毎日車に乗る人には、特に気を付けてほしいことがあります。飲み切れなかった飲み物を車内に置きっぱなしにするのは風水的にNGです! “汚れた水”や“古い水”は気を停滞させます。その結果、運気を引き下げたり、邪気が入って安全運転の邪魔をしたりするんですよ。宵越しで飲み物を置きっぱなしにするのは、避けた方が無難です。