Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

感動を再び! 日本人選手の歴史的快挙ラッシュを振り返る【スポーツSNS調査隊・特別編】

著者:Hint-Pot編集部

マスターズ優勝という歴史的快挙を成し遂げた松山英樹選手【写真:Getty Images】
マスターズ優勝という歴史的快挙を成し遂げた松山英樹選手【写真:Getty Images】

 緊急事態宣言や外出自粛など、社会が大きなストレスを受けた2021年。そんな中でも、スポーツ界は社会に活気と光を与えてくれました。SNSで反響を集めた話題やこの機会に知ってほしい選手をご紹介している「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」は、年末の特別編として今年の注目シーンを振り返ります。今回は歴史的快挙や有名選手の現役引退など、日本人アスリートの活躍についてです。

 ◇ ◇ ◇

日本ゴルフ界の歴史的快挙 キャディの行動に世界が注目

○「これ大好き!!」 松山英樹、歴史的Vの裏で世界が称賛した「超感動!」のシーンとは(4月)
 プロゴルファーの松山英樹選手(LEXUS)は4月11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルゴルフコースで行われた男子ゴルフの海外メジャー「マスターズ」で優勝。日本人選手としてはもちろん、アジア勢にとっても初の歴史的快挙は日本中を沸かせました。

 列島が騒然となる中、米スポーツ放送局「ESPN」公式ツイッターは松山選手を支えたキャディ、早藤将太さんのある行動を映した動画を公開しました。それは優勝パットが決まった直後、持っていたピンをカップに挿し、キャップを脱いでコースに向かって一礼する姿。礼儀正しさと感謝の意を示すシーンは、1日で再生150万回を超えるなど大きな話題になりました。

○最強ボクサー井上尚弥、世界を驚かせた衝撃KO リングサイド映像が「超グッド」と話題(6月)
 日本が誇る最強ボクサーの井上尚弥選手(大橋ジム)は6月19日(日本時間20日)、ボクシングの本場・米ラスベガスでWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチに臨みました。挑戦者はフィリピンのマイケル・ダスマリナス選手。試合結果は、井上選手が第3ラウンドで圧巻のテクニカルノックアウト(TKO)勝ちです。

 試合を手がけた米プロモート会社「トップランク」の公式ツイッターは、リングサイドで撮影した井上選手のKOシーンを公開しました。臨場感たっぷりの映像に、海外ファンからは「残酷なボディ」「信じられない才能」「彼は爆撃機だ」といった声が。また日本のファンも「超グッドな映像」「音が重くてエグい」と、興奮を抑え切れない様子でした。

○トライアスロンで日本勢の初メダル 表彰台には「愛しかない」 宇田秀生の行動が話題(8月)
 東京パラリンピック5日目の8月28日、宇田秀生選手はトライアスロン男子(運動機能障害PTS4)で見事銀メダルを獲得しました。トライアスロンは2016年のリオデジャネイロ大会から採用された競技で、宇田選手の銀メダルは、五輪、パラリンピック両大会を通じて日本勢初。歴史的快挙に注目が集まる中、宇田選手が表彰式で見せたシーンも話題になりました。

 東京五輪・パラリンピック公式インスタグラムアカウント(tokyo2020)は同日、表彰式の写真6枚を公開。その1枚目は、宇田選手が金メダルのアレクシ・アンカンカン選手(フランス)に左手で金メダルをかけている姿でした。このスポーツマンシップあふれる投稿は5.1万件もの“いいね”を集めるなど、大きな反響を呼びました。

○大谷翔平のMVP受賞 鉄道会社からの“右肩上がり”な祝福ツイートが話題 「縁起よろし」(11月)
 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は11月、今季のアメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)に満票で選出されました。満票での選出はアジア系選手で史上初です。

 歴史的快挙に日本が沸く中、京阪電気鉄道株式会社(京阪電車)の公式ツイッターは同日、京阪電気鉄道京津線「大谷」駅(滋賀県大津市)のホームの写真を投稿。傾斜をうまく生かした構図の写真とともに、投稿には「来季のさらなるご活躍を祈念して、京阪電車より大谷駅の右肩上がり画像を進呈します」という“斜め上”ならぬ“斜め右肩上がり”なメッセージを添え、大谷選手を祝福しました。

(Hint-Pot編集部)

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly