Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

【英国王室の2021年】フィリップ殿下逝去 キャサリン妃の存在が示した希望の光

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

フィリップ殿下という大きな支えを失った王室。悲しみの中、キャサリン妃の姿に注目が集まった【写真:AP】
フィリップ殿下という大きな支えを失った王室。悲しみの中、キャサリン妃の姿に注目が集まった【写真:AP】

 コロナ禍が継続した2021年も、ファンに多くの話題を提供した英国王室。そこで「英国王室の2021年」と題し、この一年を振り返ってみよう。今回のテーマはエリザベス女王の夫、フィリップ殿下の逝去と葬儀。悲しみに沈む王室メンバーたちの間にはさまざまなドラマがあったようだ。また、息をのむほど美しい喪服姿や急遽帰国したヘンリー王子へのケアなど、キャサリン妃についてもさまざまな報道があった。悲しみの中に見える一筋の光として、妃の存在が注目を集めたといえるだろう。

 ◇ ◇ ◇

大いなる支えを失った王室 細やかな配慮を見せたキャサリン妃

○フィリップ殿下の静かで穏やかな最後の日々 ウィンザー城でこの世を去った理由とは
 現地時間2月16日、世界を駆けめぐったフィリップ殿下の入院報道。翌17日には正式発表され、さらに見舞いに訪れたチャールズ皇太子が涙ぐむような表情を目撃された件や突然の転院、心臓の既往症で処置を受けたとする続く発表などで不安は深まった。しかもその間には、ヘンリー王子夫妻の暴露インタビュー放送という“爆弾”も。

 そうしてついに、4月9日に死去の発表が。同日夜に英大衆紙「デイリー・メール」が公開した王室記者リチャード・ケイ氏のコラムからは、最後まで“病人”として振る舞わず、まるで静かに夕日が沈んでいくようにこの世を去った状況を読み取ることができる。また、殿下の死に際し女王にとっての救いとは、ウィンザー城で殿下が過ごした最後の時間に寄り添えたことだったという。

○キャサリン妃 日本製パールのチョーカーでフィリップ殿下葬儀に 注目集めた理由とは
 殿下の葬儀は、現地時間17日午後からウィンザー城で執り行われた。殿下自らプランに関わった葬儀の内容や参列者の表情など、多数の報道があったことは記憶に新しいだろう。そこでひときわ注目を集めたのは、圧倒的な気品に満ちたキャサリン妃の黒衣姿だった。

 妃は葬儀に際し、英国発ブランド「ローラン・ムレ」の黒ドレスをセレクト。胸元に大きなリボンがあしらわれたデザインは、黒衣の中でほどよいアクセントを作っていた。さらにリボンのそばには、エリザベス女王のコレクションである4連パールのチョーカー「ジャパニーズ・パール・チョーカー」が。

 英雑誌「ハロー」など複数メディアによると、ダイヤモンドの留め金が付いたこのチョーカーは日本政府から女王に贈られた日本製パールが用いられている。数十年前に贈られた際はパールの状態で、のちに女王がチョーカーにすると決めたそうだ。また、この時のイヤリングも貸与品で、女王夫妻らへの敬意を示しているという。

○キャサリン妃 “王妃の顔”を覗かせた葬儀での一枚に称賛殺到 「彼女を迎えられて幸運」
 葬儀で撮影された妃の写真でひときわ注目を集めたのは、ウイリアム王子とともに、葬儀会場であるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂へ向かう途中に撮影された一枚だ。妃は黒い車の中から窓の外に力強い視線を向けている。

 英国版「ヴォーグ」の元編集長である英ジャーナリスト、アレキサンドラ・シャルマン氏は、英大衆紙「デイリー・メール」にコラムを寄稿。「写真はまれに、レンズの前にいる被写体の単純な姿よりも、はるかに大きな何かをとらえることがある」として、今回の妃の写真もまた「そんな写真の一枚だ」と綴っている。

○キャサリン妃がチャールズ皇太子の頬にキス 殿下葬儀での場面が話題 「王冠の宝石」
 葬儀に参列した親族は、大いなる支えである殿下を失った深い悲しみに包まれていた。長年の伴侶、エリザベス女王はさることながら、長男チャールズ皇太子の心痛も大きかったようだ。礼拝堂まで棺の後ろを行進した際は、涙をこらえているような表情が何度も写真に収められた。

 そんな皇太子に対し、キャサリン妃が動いていたようだ。英大衆紙「ザ・サン」など複数は、葬儀終了後に目撃された感動的な瞬間を伝えた。記事に掲載された写真を見ると、礼拝堂を出たところで妃は皇太子の肩に手を回し、慰めるような仕草を見せている。さらに、参列者がウィンザー城の建物に向かうため礼拝堂から離れ始めた際には、皇太子の頬に軽いキスを落としていた。

○キャサリン妃が見事な配慮か ウイリアム王子とヘンリー王子が殿下葬儀で会話
 葬儀に参列するため急遽帰国したヘンリー王子。3月に暴露インタビューが放送された約1か月後とあり、王室メンバーとの“距離感”などが大いに報道された。そんな王子に対するキャサリン妃の気遣いは、葬儀終了後にはっきりと現れたようだ。その場面とは、礼拝堂を出た後に目撃された兄弟の会話シーンだ。参列者たちは礼拝堂から城の建物まで徒歩移動したため、兄弟の会話は思いがけず長い時間続くことになった。

 礼拝堂を出た直後、キャサリン妃はヘンリー王子と会話。そして、先に歩き始めたウイリアム王子には追い付かず、ヘンリー王子との間に立って誘導するような位置に入る。ヘンリー王子が追い付くと、ウイリアム王子との間に自然と入るように位置を変え、最後は完全に一歩下がって兄弟2人だけで歩く瞬間を作っていた。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

海外ニュースのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    海外ニュースのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。