海外ニュース

ウイリアム王子夫妻 新年の数時間前に秘蔵写真を公開 満面の笑顔にファン歓喜

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】
ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】

 2021年は多数の公務に臨み、常に注目を集めていたウイリアム王子とキャサリン妃。新型コロナウイルスとの闘いが一進一退を続ける中、英国民を絶えず励まし続けた。もちろん年末の締めくくりも見事だったようだ。現地時間12月31日夜、公式インタスタグラムに未公開だった秘蔵写真を投稿し、大きな反響を呼んでいる。

 ◇ ◇ ◇

タキシード姿の王子とゴールドドレス姿の妃が満面の笑み

 ウイリアム王子とキャサリン妃にとって、2021年はまさに“大忙し”の言葉がふさわしい一年だった。英大衆紙「デイリー・ミラー」が掲載した記事によると、カナダの英国王室専門家パトリシア・トレブル氏は、王室の全公務回数を2065回と算出。うちウイリアム王子は227回で、コロナ禍前の2019年より増加した唯一の王室メンバーだという。

“未来の国王夫妻”として活躍を見せた王子夫妻は、一年最後の日も国民に話題を提供。それは、公式インスタグラムに投稿された1枚の写真だ。「皆さんが良い新年を迎えられることをお祈りします!」とのメッセージとともに投稿された写真は、タキシード姿の王子とゴールドドレス姿の妃が手を握り合って満面の笑みを浮かべる様子だった。

 ファンならすぐにお分かりだろう。このゴージャスなコーディネートは、現地時間2021年9月28日に開催された『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアで披露されたもの。撮影場所は会場の英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールへ向かった送迎車の車内と思われる。

 当時の記事によると、妃のゴールドドレスは英ブランド「ジェニー・パッカム」のアイテムで、価格は2800ポンド(約42万円)。英雑誌「ハロー」は「究極のボンドガール」とも呼んでいた。さらに今回の写真では、さすがの気品と立派な体格でタキシードを着こなす王子について「次のボンドになる可能性があるようにも見える」と絶賛している。

 多数のゲストを招いて盛大に行われたこのワールドプレミアは、世界のエンターテインメント界を活気付けるという重要な役割も果たした。王子夫妻の写真がプレミア上映を見る前か後かは不明だが、王子夫妻の弾ける笑顔にはさまざまな思いが込められていると考えられる。

 そうした王子夫妻の思いが届いたのか、投稿には「何てゴージャスな写真!」「何てラブリーで自然な様子」「ありのままの写真がいつも最高」といった賛辞とともに、多数の「Happy New Year!」が世界から寄せられていた。

(Hint-Pot編集部)