Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

カーリング吉田知那美 カルガリーの夜景や腹筋ショットに大反響 「みんな楽しそう」

著者:Hint-Pot編集部

吉田知那美選手【写真:Getty Images】
吉田知那美選手【写真:Getty Images】

 北京五輪開幕まであと2週間弱。出場予定の選手たちは本番で最高の結果を出そうと、最終調整に余念がありません。SNS投稿からこの機会に注目してほしい選手や競技などを紹介する「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」は今回、カーリング女子日本代表チーム「ロコ・ソラーレ」の吉田知那美選手にフォーカス。現在合宿中のカナダで見せた抜群の開脚や美しい夜景越しに撮影されたチームメイトとのオフショットをインスタグラムで公開し、大きな話題を集めています。

 ◇ ◇ ◇

現在は北京五輪に向けてカナダ合宿中のロコ・ソラーレ

 2大会連続で五輪の舞台に挑むロコ・ソラーレ。「LS北見」として出場した前回2018年の平昌五輪では日本カーリング界に初の銅メダルをもたらし、日本中に感動を与えました。また、おやつやフルーツをほおばりながらの作戦会議「もぐもぐタイム」や競技中の会話「そだね~」なども脚光を浴び、彼女たちの明るいキャラクターも相まって一躍人気アスリートに。今大会もメダルの有力候補です。

 現在、ロコ・ソラーレのメンバーは日本を離れ、“第2の拠点”ともいえるカナダのカルガリーで合宿中。外部との接触を遮断する「バブル方式」をとって、練習を重ねています。新型コロナウイルスの変異株・オミクロンが世界的に大流行しているだけに、本番に向けて万全の態勢を取るためには制限された生活も仕方のないことでしょう。

 そんな中でも、選手たちはさまざまな方法でリラックスしているようです。吉田選手はトレーニングの様子などを撮影することで気分転換。「Happy Babble Life ―バブル生活のすすめ―」とのコメントと「#かっこつけました」「#毎日部屋から見えるカルガリーの夜景がかっこいいのです」のハッシュタグを添えて、3枚の写真を公開しました。

ルームシェアを題材にした海外ドラマのワンシーン風?

 1枚目は、吉田選手が鏡の前で開脚した姿を自撮り。まっすぐに伸びた両足が実に印象的です。2枚目も室内でのトレーニング風景で、黒のウェアの間からは引き締まった腹筋が見えます。カメラに向けた凛々しい視線からは、五輪に向けた程よい緊張感と意気込みが伝わってくるかのようです。

 そして3枚目は窓から見える夜景。滞在しているカルガリーはアルバータ州の最大都市で、ビルが立ち並ぶ市街地と郊外の自然が融合しています。滞在先は市街地のようで、写っていた夜景はいかにも海外らしいデザインのビルから光が漏れている様子でした。窓ガラスには室内の様子が反射で写っており、ピースサインを見せてポーズをとる藤澤五月選手らのノリノリな姿が。ルームシェアを題材にした海外ドラマのワンシーン風です。

 この投稿には「また一段とかわいい」「体がやわらかくてうらやましい」「開脚半端ない」「惚れ惚れする」といった絶賛の声が集まりました。また「夜景もきれいだし、みんな楽しそう」「缶詰め生活もチームメイトとポジティブな思考で楽しめているのですね」と雰囲気の良さにほっこりさせられたコメントも。いずれにしても、チームは順調に調整が進んでいるようです。

「氷上のチェス」ともいわれるカーリングですが、吉田選手のような柔軟さや鍛錬された体がなくては最高のパフォーマンスは披露できません。本番まであとわずか。トレーニングとリラックスのバランスがうまくとれているロコ・ソラーレの活躍に期待したいですね。

(Hint-Pot編集部)

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly