Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

甘えん坊な元保護ねこが腕枕する側に…お世話係の先住ねこと寄り添う寝姿が話題

著者:Hint-Pot編集部

腕枕をする福ちゃん。くぅちゃんと寄り添い幸せそう【写真提供:くぅとふく(@maron624KUfuku)さん】
腕枕をする福ちゃん。くぅちゃんと寄り添い幸せそう【写真提供:くぅとふく(@maron624KUfuku)さん】

 多頭飼いをしているねこの飼い主さんにとって、愛猫たちが信頼し合った姿で幸せそうな顔を浮かべながら眠っている時間は至福のひと時ですよね。大好きな同居ねこにぴったりと寄り添って、あられもない姿で眠る元保護ねこが話題になっています。飼い主さんに2匹をお迎えした経緯など、詳しい話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

保健所から迎えたくぅちゃん 一時預かりのはずが引き取ることになった福ちゃん

いつもくっついている2匹。手前が福ちゃん、奥がくぅちゃん【写真提供:くぅとふく(@maron624KUfuku)さん】
いつもくっついている2匹。手前が福ちゃん、奥がくぅちゃん【写真提供:くぅとふく(@maron624KUfuku)さん】

 2歳の「くぅ」ちゃんと1歳の「福」ちゃん。2匹の血はつながっていませんが、本物の姉妹のように仲良しです。くぅちゃんをお迎えしたのは、飼い主さんが先代ねこを亡くし、失意のどん底にいた時のことでした。

 落ち込む飼い主さんに対し、友人が保健所のウェブサイトに掲載されていたくぅちゃんを紹介。言われるがままに会ってみると一目惚れしてしまい、そのままお迎えすることになりました。かわいらしいお名前は、お空にいる先代ねこへの「いつも見守っていてほしい」という願いを込め、「空」と書いて「くぅ」としたそうです。

 こうしてくぅちゃんとの新たな日々を大切に過ごしていた飼い主さん。数か月後にまたも友人から一報が入ります。それは、「庭にいる子ねこを保護してほしい」というもの。当然、くぅちゃんをお迎えしたばかりの飼い主さんは躊躇しました。しかし、放っておくことができず、引き取り手を探すことに。その後、運良く見つかり、離乳するまで飼い主さんが預かることになりました。

「引き取り希望の方が『ミルクが必要な間は無理』と言うので、乳離れするまで預かる約束だったんです。けれども、引き渡しまであとわずかというところで『飼えなくなった』と連絡が。仕方なく私が引き取ることになりました。今では、あの時に引き渡さなくて良かったと心から思います」

「この子に『福』が来ますように」――そんな願いを込めて名付けられた福ちゃんは、飼い主さんとくぅちゃんの献身的な愛に包まれてすくすくと成長。くぅちゃんは面倒見がとても良く、福ちゃんがトイレに行くとくっついて行って、砂をかけて後始末をしてあげるほどなのだとか。「おかげで福は今でもきれいに砂をかけることができないんです」と飼い主さんも苦笑いです。

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly