Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

ねこはこたつで“休日の父”になる!? “へそ天”で爆睡する姿に26万人ほっこり 「貫禄ある」

著者:Hint-Pot編集部

ねこはこたつで丸くなるかと思いきや……クッション製の食パン風カラーを枕に、こたつでくつろぐいわしくん【写真提供:いわし先生(@IWASHI_0723)さん】
ねこはこたつで丸くなるかと思いきや……クッション製の食パン風カラーを枕に、こたつでくつろぐいわしくん【写真提供:いわし先生(@IWASHI_0723)さん】

 日々、飼い主さんを癒やしてくれるねこさんたち。“家族サービス”を欠かさないねこさんにも、たまにはお休みが必要なようです。まるで「休日のお父さん」のようにこたつでくつろぐねこの、あまりにも人間じみた姿がツイッター上で大反響を呼んでいます。飼い主さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

去勢手術後のためクッション製のカラーを着けていたいわしくん

 飼い主さんご夫妻が昨年の10月10日にお迎えしたばかりだというブリティッシュショートヘアの「いわし」くん。1年目の結婚記念日に運命的な出会いを果たしました。かわいらしいお名前は、村上春樹さんの小説「羊をめぐる冒険」(講談社文庫刊)に出てくるねこの名前から取ったそうです。

 7月生まれのいわしくんは現在、生後6か月。そのため去勢手術を受けることになりましたが、術後は傷口を守るエリザベスカラーなどの保護具が必要です。飼い主さんは事前に手術や保護具について詳しく調べ、いわしくんに合うものを用意しておくことにしました。

「よくあるプラスチック製のエリザベスカラーは硬いため、壁などにぶつかった場合は首に傷がついたり、ストレスがかかりやすかったりすることがあるそうです。そこで、クッション製のものを選びました。食パンのモチーフにしたのは、着けた姿を想像したところかわいかったからです」

 こうして準備万端で臨んだ手術は無事成功。おうちに帰って来たいわしくんは、最初こそカラーを嫌がったもののすぐに慣れ、翌日には上手に使いこなすようになったそうです。

こたつは人もねこもダメにする!? 驚きの26万“いいね”

去勢手術から1週間が経ち、無事カラーがはずれました【写真提供:いわし先生(@IWASHI_0723)さん】
去勢手術から1週間が経ち、無事カラーがはずれました【写真提供:いわし先生(@IWASHI_0723)さん】

 そして飼い主さんは、カラーを枕にしてこたつで眠る“超リラックスモード”のいわしくんを撮影することに成功。座布団を枕にしてこたつで眠る人間のような姿は大反響を呼び、26.2万件もの“いいね”が殺到しました。

 リプライ(返信)には、「休日の父みたいなねこ」「カーペット(コルクマット)のつなぎ目が『ZZZ』に見えてなお良い」「こたつは人もねこもダメにする魅惑のアイテムですね」「貫禄あるね」などさまざまな感想が。また、同じようにクッション製のカラーを枕にして眠るねこたちの写真もたくさん寄せられました。

 いわしくんがこうして“へそ天”でこたつに入ったのは、この時が実は初めて。カラーが顔に当たらない仰向けの姿勢が気持ち良かったのかもしれませんね。いわしくんは15分ほどこの体勢でいると、その後は寝返りを打って横になったりしていたそう。

 いわしくんをお迎えしてから現在までの成長ぶりは、ツイッターだけでなくYouTubeチャンネル「いわしチャンネル Japan」でも見ることができますよ。

○取材協力:いわし先生(@IWASHI_0723)さん

(Hint-Pot編集部)

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly