Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

大型犬がキャットドアにすっぽり 2匹で押し合う姿に大反響「バカワイイ」

著者:Hint-Pot編集部

狭い穴から顔を覗かせるダリアちゃんとリグルくん(画像はスクリーンショット)
狭い穴から顔を覗かせるダリアちゃんとリグルくん(画像はスクリーンショット)

 扉の下部にある、ねこの顔の形をした“穴”。実はこちら、扉を開けなくてもペットが自由に行き来するための「キャットドア」と呼ばれるものです。この穴をめぐって奮闘する2匹のいぬが話題になっています。動画再生回数は7万回を超え、その愛らしい姿にほっこりさせられた人が続出。飼い主さんに詳しい話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

頭が引っかかってますけど…もしや競争してる!?

 キャットドアから顔を突き出しているのは、セントバーナードの「ダリア」ちゃん(左)とゴールデンレトリバーとプードルのミックス、ゴールデンドゥードルの「リグル」くん(右)です。どうしても同時にその穴を通り抜けたいのでしょうか。2匹とも右に左にぐいぐいと体を動かしていますが、かわいい頭が2つ引っかかったまま状況は変わりません。穴はねこ1匹が通れるくらいのサイズ、かなり厳しそうです。

「もうちょっとじゃない?」「こうすれば行ける?」とそんなやりとりが聞こえてきそう。もしかしたら、どっちが先にくぐり抜けられるか競争していたのかもしれません。しかし、奮闘の結果、不可能だと悟ったのか早々に切り上げてしまったのでした。

「それはさすがに無理やな……」

 一連の流れを撮影していた飼い主さんが、こんな一文を添えてツイッターに公開した動画の再生回数は7万回を突破しています。2匹の愛らしいファイトぶりに、「かわいすぎる争い」「かわいいが大渋滞」「とてもバカワイイ」「諦めが早い!」など、たくさんのリプライ(返信)が。

 また、穴から頭を2つ突き出している様子が、ギリシャ神話に出てくる1つの胴体に3つの頭を持つ“冥界の番犬”を連想させるということで「ケルベロスになっちゃってる」とユーモアあふれる声も寄せられました。

日本初の大型犬カフェを4月にオープン予定 2匹もスタッフに

 ダリアちゃんとリグルくんは、何とこの春から大型犬カフェのスタッフとして働くそう。実は今年の4月、飼い主さんの念願が叶い千葉県に日本初となる大型犬カフェ「GRAND MOU(ぐらんむー)」をオープン予定。2匹はそのカフェのスタッフに任命されたのでした。

「ダリアとリグルは縁あってカフェの一員になってもらいました。私は動物とふれあう機会がいろいろと多く、ねこカフェなどはあっても大型犬専門のカフェがないことに気付きました。ただ、大型犬となるとお世話の大変さやリスクもあります。かわいいだけではいけません。大型犬への理解をさらに深めるために資格は必須だと考え、開業に向けて何年も前からしっかりと勉強に取り組んでいました」

 大型犬の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、カフェのオープンを目指して一念発起した飼い主さん。今では、「家庭犬トレーナー1級」「動物健康管理士」「愛玩動物飼養管理士」「家庭動物管理士」などの資格を取得してカフェのオープンに備えます。

「大型犬が好きでも、いろいろな事情で大型犬と暮らすことができない方や、ふれあいたくても機会がない方々に、気軽に立ち寄ってもらえるようなお店を目指したいですね」

 おっとりな性格のダリアちゃん、ちょっとわんぱくなリグルくん。個性豊かなかわいいスタッフがお出迎えしてくれるカフェのオープンが待ち遠しいですね。

○取材協力:大型犬カフェGRAND MOU《ぐらんむー》(@GrandMou_)さん

(Hint-Pot編集部)

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly