Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

桜の切り枝 花を早く咲かせる裏ワザとは? 長く楽しみたいならつぼみが多いものを

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:のなか りえこ

家に桜を飾ってお花見(写真はイメージ)【写真:写真AC】
家に桜を飾ってお花見(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 今年も桜の季節がやってきますね。まずは家に飾って“おうち花見”を楽しんでみましょう。桜の切り枝を1本飾るだけでも、部屋が明るくなり、気分も華やかになりますよ。桜の選び方や咲かせるコツについて、フラワー&グリーンコーディネーターののなかりえこさんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

店頭では主に2種類が流通 切り枝の扱いは難しい?

 本格的な桜前線よりもひと足早く、フラワーショップなどの店頭には桜の切り枝が並びます。家に飾れば、お花見を先取りして春を感じられるでしょう。この時期に店頭で見かける桜の枝は、主に2種類あることをご存じですか?

○啓翁桜
 しなやかな細い枝に薄紅色の小ぶりな花がかわいらしい桜です。産地は山形が有名。切り枝は1月下旬頃から市場に出回り始めます。

啓翁桜(写真はイメージ)【写真:写真AC】
啓翁桜(写真はイメージ)【写真:写真AC】

○彼岸桜
 名前の通り、春のお彼岸の頃(3月20日前後)に咲く桜。薄紅色で啓翁桜よりは大きめです。

彼岸桜(写真はイメージ)【写真:写真AC】
彼岸桜(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 桜の枝を飾るのは難しい……と感じている人も多いでしょう。桜の花は咲きやすく、初心者の方も扱いやすいものです。長く楽しみたい時は蕾が多いものを選びましょう。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly