Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

元保護ねこが初めてのお花見 ブルーの瞳と桜のコントラストに称賛の声「最高に美しい」

著者:Hint-Pot編集部

元保護ねこのルイスくん。初めてのお花見【写真提供:【保護猫】ルイス(@luis_siamesecat)さん】
元保護ねこのルイスくん。初めてのお花見【写真提供:【保護猫】ルイス(@luis_siamesecat)さん】

 日本各地で見頃を迎えている、春の代名詞・桜。普段はおうちの中にいるねこちゃんと一緒にお花見をして、春を感じたいという愛猫家も少なくないようです。はかなく美しい桜とかわいいねこちゃんの組み合わせはまさに格別! ツイッター上では、ブルーの瞳を持つ元保護ねことピンクの桜による美しいコントラストの一枚が話題になっています。飼い主さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

保護ねこシェルターで一目惚れ! ブルーの瞳が印象的なルイスくん

 青い空から降り注ぐ暖かな春の日差し。その中に広がる淡いピンク色の桜の花を不思議そうな表情で見つめているのは、6月で3歳になる元保護ねこの「ルイス」くんです。

 元々、保護ねこをお迎えしたいと考えていた飼い主さんは、とある保護ねこシェルターを訪問。そこで当時生後4か月ほどだったルイスくんと運命的に出会い、一目惚れしたそうです。素敵なお名前は、かっこいい響きが気に入って名付けました。

 人懐っこく甘えん坊なルイスくんは、優しい家族に囲まれてすくすくと成長しています。そのおかげで、初対面の人でも怖がったりすることなく近寄るそう。また、動物病院に行くのも大好きで、呼ばれたらすぐさまキャリーケースに飛び込むほどのお利口さんです。

 ルイスくんと迎える春が今年で3回目になる飼い主さんは、初めての試みを決意。それは、ルイスくんに生まれて初めて桜を見せてあげることです。そこで、飼い主さんは動物病院へ行く途中で公園に立ち寄り、つかの間ですが桜を見せてあげることにしました。

 もちろん、普段はおうちにいるルイスくんと外出するとあって準備は万全に。ハーネスの強度を自宅でしっかりと確認してから着用し、公園まではキャリーバッグに入ってもらって移動しました。ルイスくんをバッグから出す際には、いつでもすぐに抱っこができる距離感を意識していたそうです。

 飼い主さんによると、お外に出たルイスくんは終始キョロキョロと辺りを見回し、春の空気をたっぷりと堪能したそう。その理由について「外に出るのは珍しいので、桜が、というよりもすべてが新鮮だったんだと思います」と語ります。

 この時撮影した一枚に「桜ルイスくん」とコメントを添えツイッターに投稿すると、5000件を超える“いいね”が集まりました。

 また、リプライ(返信)には、「桜とねこのコラボ最高に美しいです」「空より青い目が桜に映える」「サクラのピンクとおめめのブルーが写真映えしますね」など、称賛の声が殺到しました。特にルイスくんの澄んだブルーの瞳に魅了された人が多かったようです。

 人懐っこくて愛らしいルイスくんの日常は、YouTubeチャンネル「保護猫ルイスチャンネル」でも見ることができますよ。

○取材協力:【保護猫】ルイス(@luis_siamesecat)さん

(Hint-Pot編集部)

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly