Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

子煩悩すぎる母ハムスター 大きな子どもを運ぼうと必死の姿に13万人笑顔 「頑張れ」

著者:Hint-Pot編集部

動画のワンシーン。娘のあいちゃんを必死に運ぼうとするお母さんのはんちゃん(画像はスクリーンショット)
動画のワンシーン。娘のあいちゃんを必死に運ぼうとするお母さんのはんちゃん(画像はスクリーンショット)

 いぬやねこと同じように、親ハムスターが子どもと移動する時は首の後ろをくわえて運びます。子どもがある程度まで成長して動き回れるようになると、自然にやめて“子離れ”していくこの動き。しかし、子煩悩すぎて子離れできないハムスターもいるようで……。自分の体の半分ほどの大きさに成長した子どもを必死に運ぼうとする母ハムスター。ところが、気持ちと足が空回りしてしまう姿が大きな話題になっています。飼い主の花丸さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

テーブルの上を必死に移動するもツルツルに阻まれて…

 フェレットやチンチラ、アフリカヤマネ、ジャンガリアンハムスター、キャンベルハムスター、ロボロフスキーハムスターなど、総勢53匹の小動物たちと暮らしている花丸さん。特にキャンベルハムスターの繁殖には力を入れており、現在は39匹を飼育しています。

 キャンベルハムスターはジャンガリアンハムスターより少し大きめですが、ドワーフハムスターの一種です。毛色のバリエーションが豊富で、野性味があるところも魅力なのだそう。花丸さんは自身のツイッターアカウントで、そんなキャンベルハムスターのエネルギッシュで愛情にあふれた動画を12日の「世界ハムスターの日」に公開し、大きな注目を集めました。

 動画に登場するのは、1組のキャンベルハムスター親子。後ろにいる体の大きなハムスターはお母さんの「はん」ちゃん、はんちゃんに首筋をくわえられているのは娘の「あい」ちゃんです。

 はんちゃんはあいちゃんをどこかに連れて行こうと必死な様子。テーブルの上で娘を抱えながらどうにか前に進もうとしますが、足がツルツルと滑ってしまい思うように進みません。激しく滑り続ける足はまるでゼンマイ仕掛けの人形のよう。

 足を滑らせながらも何とか移動を試みるはんちゃんでしたが、最後はアゴが疲れてしまったのでしょうか。テーブルの真ん中ほどまで進むと、諦めたかのようにあいちゃんの首筋から口を離してしまうのでした。

 ツイートは大きな話題を呼び、13.3万件もの“いいね”が集まりました。また、リプライ(返信)には、「気持ちとは裏腹に空回りしてるのが面白い ママハムお疲れ様w」「報われないバタバタ姿に、ごめんね笑っちゃった」「頑張れ、母ちゃん」「かわいすぎて爆笑しました」など、応援の声やツボにハマった人からの感想が多く寄せられています。

左がお母さんのはんちゃん、右が娘のあいちゃん【写真提供:花丸とはむちゅた(@hana___hamu__)さん】
左がお母さんのはんちゃん、右が娘のあいちゃん【写真提供:花丸とはむちゅた(@hana___hamu__)さん】

 飼い主さんによると、2匹は普段から一緒のお部屋で暮らす仲良しの親子だそう。運んでいた理由について心当たりをお聞きしてみたところ、「うーん、多分何かしら思うことがあって、あいちゃんを連れて行きたかったんだと思います(笑)」とのこと。

 ちなみに、動画は2年前に撮影されたものです。あいちゃんはこの時生後3週間でしたが、体の大きさはすでにはんちゃんの半分以上ありました。そんなに大きな子を運ぼうとした理由は、今も謎に包まれたままです。その後、はんちゃんは再びあいちゃんを運ぼうとしましたが、嫌がられてしまったため諦めることに。そして、2匹並んで仲良くテーブルの上を歩き回っていたそうです。

○取材協力:花丸とはむちゅた(@hana___hamu__)さん

(Hint-Pot編集部)

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly