Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

愛くるしいチワワの親友は強面の豚!? 保護された2匹の固い絆が米国で話題に

著者:Hint-Pot編集部

米アリゾナ州の保護団体が保護したチワワと豚の関係性に注目集まる(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
米アリゾナ州の保護団体が保護したチワワと豚の関係性に注目集まる(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

 愛くるしいチワワとかなり強面の豚――米国で珍しい動物同士の心温まる絆が大きな話題になっている。その名も「ティモン」と「プンバァ」。保護団体にレスキューされた2匹は、ディズニーの人気キャラクターの名前が授けられ幸せに暮らしているようだ。

 ◇ ◇ ◇

豚の保護団体がティモンも一緒に保護 2匹はいつまでも一緒に

 米誌「ピープル」が報じたのは、アリゾナ州の団体「アリゾナ動物愛護協会(AHS)」が発表した、チワワの「ティモン」と豚の「プンバァ」のかなり珍しい関係性。2匹のオーナーは警察に逮捕拘留されたため同団体に救助された。

 ディズニーの長編アニメーション映画『ライオン・キング』のキャラクターにちなんで命名された2匹。その固い絆に「想定外の相棒が離れがたい様子です」と同誌は注目している。

 AHS側は「スタッフはすぐに彼らの強固な関係に気づかされました。プンバァがティモンを何度もおんぶして、散歩してあげるという優しさを見せていたからです」と発表。強面な豚の背中に鎮座するチワワという珍しいツーショットも公開した。

 プンバァはAHSに保護された際、治療が必要な状況だったという。そこで「ベター・ピギーズ・レスキュー(BPR)」という豚の保護団体がAHSに代わり2匹を保護。「相棒は離れ離れにならずに済んだ」と記事では報じている。

 頑強な見た目らしからぬ? 優しさで注目を集めているプンバァは、晴れてBPRの「永久アンバサダー」就任が検討されている。そして、ティモンの保護犬認定も進めているという。

 BPRが「おもてなしの心の持ち主」と評したプンバァ。そして、プンバァを慕って離れないティモン。記事では「犬と豚の同居は基本的に推奨されていませんが、ティモンとプンバァの絆は疑いの余地なく別格なのです」と大絶賛している。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly