Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

乳がんが確定するまでの悶々とした日々…右胸全摘の38歳女性が乗り切った方法とは

公開日:  /  更新日:

著者:島田 みゆ

「健康」とは、心が決めることかもしれない

 またこの間、心の持ちようを整える本を何冊も読みました。そこで目にして心に残ったのは「たとえ体が病気であっても、心まで病むな」という言葉です。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 私の場合、結果待ちの時点で胸にしこりはあるものの、幸いにも体の不調は何もありません。「乳がんの疑いがある」という事実が提示されただけで、それによって何か症状が出たわけではない。まったく意識せず過ごしていた数日前、数か月前と何一つ変わりません。自分が病気かどうか、頭が勝手に決めつけているだけともいえます。

 たまたま持病などなく過ごせてきたので「健康=何もないこと」と思っていたけれど、たとえ病気があったとしても自分のやりたいことができていれば、それは「健康」なのかもしれない。

「乳がんであるという事実よりも、今は自分がやりたいことが変わらずにできて、元気に過ごせているという事実に目を向けよう」……こんな風に、気持ちをコントロールしながら過ごしました。

ついに迎えた2週間後 「治療に進むしかない!」と気持ちを切り替えて

 そうしてぴったり2週間後、再びクリニックを訪れました。診察室に入ると先生から紙を渡され、「こちらが先日の結果で、悪性ということでした」との言葉。この時、2月上旬。しこりに気づいてから約3週間、乳がんとの確定診断が出たのです。

 薄々分かってはいたものの「やっぱりそうか……」と心底がっかりしましたが、「確定したのであれば、もう治療に進むしかない!」と、何とか気持ちを切り替えました。

 生検の日に先生から病院の候補をいくつか挙げていただいたので、紹介先の当たりはつけています。そして、紹介状をもらってクリニックを後にし、帰り道の駅ですぐに電話。「できるだけ早く精密検査をしてほしい!」と、翌月曜日の朝一番に大学病院の予約を取りました。