Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

漫画

訪問トリマー中に愛犬を応援! 裏目に出たエッセイ漫画に共感殺到「病院でも…」

著者:Hint-Pot編集部

漫画のワンシーン【画像提供:松本ひで吉(@hidekiccan)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:松本ひで吉(@hidekiccan)さん】

 訪問トリマーを知っていますか? 愛犬がトリミングサロンを苦手にしている場合や体力的に心配な時など、自宅でトリミングをしてくれる出張サービスです。普段は見られないトリミング中の愛犬の様子を見ることもできます。しかし、良かれと思って近くで見守っていたところ、愛犬が思わぬ反応を見せて冷や汗をかいてしまったというエッセイ漫画が話題になっています。作者の松本ひで吉(@hidekiccan)さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

今春に天国へ旅立った犬くん 生前のエピソードに感謝の声も

 天真爛漫なトイプードルの「犬くん」と凶悪ながら愛らしい「猫さま」──そんな2匹とのにぎやかで笑いにあふれる日常を描いた漫画「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい」(講談社刊) 。漫画家の松本ひで吉さんが2017年、ツイッターに投稿すると一気に注目を浴び、現在単行本は7巻、テレビアニメ化もされたことがある人気作です。

 近年は「ともに年をとれて毎日楽しい」と12歳を過ぎた愛犬と愛猫たちとの暮らしを綴るなど、動物たちとの老いに向き合った作品も発表していました。

 ところが残念なことに、今年の春、犬くんは天国へと旅立ちました。実は昨年、てんかんの発作が起きてから眠る時間も増え、足腰は弱くなり、穏やかに最期の時を迎えたそう。ファンからは、まだまだ犬くんの話を読みたいと惜しむ声が聞かれ、それに応えるように松本さんは生前の犬くんのエピソードを先日発表しました。

 それは、訪問トリマーさんが来た時の犬くんのお話。訪問トリマーさんとは、トリミングサロンに勤めるプロのトリマーさんが自宅までトリミングに来てくれる出張サービスのことです。犬くんのように高齢や持病などでサロンに預けるのが心配な場合だけでなく、他のわんちゃんとの接触や知らない場所が苦手なわんちゃんにも向いているようです。

 こうして自宅にやって来たトリマーさんに、犬くんを預けた松本さん。近くにいてあげた方が、犬くんが落ち着くだろうとそばにいることにしました。トリミングがスタートすると、イヤイヤする犬くん。そこで松本さんは、トリマーさんの背後から「ここにいるよ~」とアピールします。

 しかし、犬くんは落ち着くどころか、いつまで経ってもイヤイヤモードが収まりません。どうやら「安心させようとして逆に『そばにいるのに助けてくれない人』になってしまった」ようで、松本さんは冷や汗をかいてしまうのでした。

 漫画は話題になり5.7万件もの“いいね”が。また、リプライ(返信)には「コレめっっっっちゃ分かるww」「病院でもそう思われてそうで心が痛みます……」など共感の声が殺到。動物関連のお仕事をしている人からは「トリミングもトレーニングも飼い主さんが見てる間はイヤイヤして、飼い主さんの姿が見えなくなった瞬間に『スンっ……』とお利口さんになる子がほとんどです」といった体験談も寄せられました。

 付き添ってあげたくなるのは親心。しかし、わんちゃんや猫ちゃんの場合はかえって、諦めがたい状況になってしまうようです。

 また、生前の犬くんのエピソードに、待ち望んでいたファンからは「犬くん漫画うれしい!!」「また犬くんを見れてうれしくて泣いてる」など、感謝の声もたくさん寄せられています。

漫画のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly