Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

購入金額より高く売れる新築物件は駅近タワマンなど一部? 不動産のプロが解説

公開日:  /  更新日:

著者:和栗 恵

教えてくれた人:姉帯 裕樹

CMをたくさん流している企業は信用すべき?

信頼できる会社を探すことが最初の一歩(写真はイメージ)【写真:写真AC】
信頼できる会社を探すことが最初の一歩(写真はイメージ)【写真:写真AC】

“人生において最も高額な買い物”になり得る不動産物件。購入する際は、売り手となる会社についても「しっかり見た方が良い」と姉帯さんは語ります。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

「個人的なおすすめは、不動産会社が中古物件を購入し、リフォームを行ってから売りに出している物件です。画一的な内装になる傾向は否めませんが、多くの案件を手がけることでリフォーム価格を抑えています。そのため、自分たちで中古物件を購入し、丸ごとリフォームするより安く手に入る可能性が高くなるのです。

 ただしこうした物件は、建築から20~30年経過したかなり古いものもあり、住宅ローンが通りづらい可能性もあります。そこは必ず確認しましょう。一方で、不動産会社は売買の差額を得るためにこのような売り方をしているので、値引き交渉に応じてくれる可能性は高くなります。うまく交渉してなおかつ運が良ければ、タイミング次第で数百万円の値引きがありえるかもしれません。頑張ってみてください」

 また、物件を購入する際はどのような不動産会社を選べばいいのでしょうか。姉帯さんによると、「大手だからといって安心はできない」そうです。

「テレビCMを多く流しているような会社は、その分の広告宣伝費用を物件にのせていると考えるのが自然でしょう。つまり、必要以上に高価なことが多いともいえます。また、購入した物件を売る時も、購入時と同じ会社を通さなければならなかったり、もっと高値で売れるはずがなぜか安い金額でしか売れなかったり……という話も耳にしますね。

 僕の知人はCMで有名な会社に相談したところ、超狭い土地の2LDK戸建て物件をゴリ押しされたらしいんですよ。『子どもを持つ予定があるので2LDKでは無理です』と伝えたにもかかわらず、しつこい営業に困ってしまったそうです。

『今日買わないと、すぐに売れちゃいますよ!』といったことも言われたらしいのですが、その後もしつこく勧誘してきたということは、そうそう売れない物件であることを自ら謳っていることになるかもしれませんね(笑)。不動産を失敗なく購入するためには、まずコネクションを使い、信頼のおける不動産会社を見つけ出すことからおすすめします」

 ただ、賃貸であれば逆に新築を狙うのも一つの手なのだそう。1棟を法人が持っているマンションなどは、出る時期によって礼金と仲介料がゼロになっているケースもあるそうです。また「所有者と貸主がサブリース契約を結んでいて、入居者の有無にかかわらず貸主に持ち出し家賃が発生する時は安くなるかもしれない」とのこと。