Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

大型犬が突然の“座り込み” 気まぐれ行動に1.2万人笑顔 「わがままがまたかわいい」

著者:Hint-Pot編集部

飼い主さんがおやつで気を引いても動じないルーシーちゃん(画像はスクリーンショット)
飼い主さんがおやつで気を引いても動じないルーシーちゃん(画像はスクリーンショット)

 愛犬とのお散歩は飼い主さんにとっても楽しい時間。でも、愛犬が急に座り込んで動かなくなったり、他のわんちゃんに興味を示して追いかけたりと、一苦労した飼い主さんも少なくないでしょう。お散歩中にジッと動かなくなり、飼い主さんの呼びかけにも応じない1匹のゴールデンレトリーバー。飼い主さんの心の叫びとともに公開されたその様子がツイッター上で注目を集めています。一体なぜ“座り込み”を始めてしまったのでしょう。この時の様子について、飼い主さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

おやつ作戦も通用せず…動かなくなったのはただの気まぐれ?

 お散歩中に飼い主さんを困らせてしまったのは、ゴールデンレトリーバーの「ルーシー」ちゃん。幼い頃はパワフルなおてんば娘で、警察犬を目指すシェパードたちと半年ほど訓練を受けたこともあります。そのおかげで、飼い主さんの言うことをかなり聞くようになったそうです。

 そんなルーシーちゃんも今は9歳。飼い主さんの言うことをしっかり聞いていますが、はしゃいだ時は別のようです。例えばお散歩中、自分の気に入らない方向へ連れて行かれると、へそを曲げて動かなくなってしまいます。

「ねこが大好きなため、ねこの出待ちでも動かなくなります。また、駄々をこねたらおやつがもらえそうな時も、計算高く動かなくなりますね。そうした時はおやつで気を引くのですが、いつものおやつではなかなか動かず、品定めをすることもあります。駆け引きをしてくるかのように大好物が出てくるのを待ってから動くので、なかなかのものです……」

 ルーシーちゃんはこの日、お散歩中に何か気に入らないことがあったのか、伏せの体勢でジッと動かなくなってしまいました。飼い主さんが優しく「おいで、ルーシー」と呼びかけても応じず、リードを引っ張ってもびくともしません。おまけにルーシーちゃんは体長100センチ、体重35キロ。飼い主さんはさすがに抱っこするわけにもいかず、「ダメだ……」と諦めモードです。

 そこで飼い主さんは、この様子を動画で撮影。「大型犬が動かなくなると、本当に困るんです……」と悲痛な心の叫びを添えてツイッター上で公開すると、1.2万件の“いいね”を集めました。また、現在の動画再生回数は16万回に近づいています。

 リプライ(返信)には、「疲れたワン……。動きたくないワン……」「抱っこしてください」「嫌なものは、い~や~だ~」などルーシーちゃんの“心の声”を代弁する人からの声が。また「うちも同じです」「見てる分にはかわいいけど、大変そう」「大型犬はひょいっと抱いて動かせないから本当に苦労しますよね」「でも大型犬のわがままがまたかわいいんですよね」と、飼い主さんの気持ちに寄り添う声も上がっています。

 さて、ルーシーちゃんの“座り込み”は一体どういう結末を迎えたのでしょう。おやつ作戦も大失敗して、動かなくなること約5分。すると気が済んだのか、急にスッと立ち上がり、すたすたと歩き始めたそうです。飼い主さんは「ただの気まぐれだったのかも……」と推測しています。

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly